2014/11/18 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、116.459で取引を開始した後、7-9月期国内総生産(GDP)速報値が市場予想以上に悪化したことで当初は円売りドル買いで反応し、一時117.05円近辺まで上昇しました。その後、日経平均株価が下げ幅を広げると円買いドル売りが優勢となるなか、時間外のダウ先物の下落も相場の重しとなり一時115.45円近辺まで売り込まれました。欧州市場では、ナイトセッションの日経平均先物が上昇したことを手掛かりにドル買いが先行しました。18時過ぎから伝わった安倍首相の発言において、消費増税先送りや解散総選挙に関する目立った見解が示されなかったため、一時115.82円近辺まで弱含む場面も見られましたが反応は一時的でした。NY市場に入ると、米10年債利回りが上昇に転じて全般にドル高が進んだ影響もあり116.52円近辺まで買い戻されました。その後は116円台半ばを挟んだ値動きとなり、前日比では0.308円高い116.594円で取引を終えました。

≪2014年11月17日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り38% 買い62%
ユーロ・円  :「ベア」 売り70% 買い30%
英ポンド・円 :「ブル」 売り46% 買い54%
豪ドル・円  :「ブル」 売り31% 買い69%
NZドル・円  :「ブル」 売り42% 買い58%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り55% 買い45%

【今日の主な経済指標】
09:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
18:30 GBP 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 10月
18:30 GBP 小売物価指数(RPI)[前月比] 10月
18:30 GBP 小売物価指数(RPI)[前年同月比] 10月
18:30 GBP 卸売物価指数(食品、エネルギー除くコアPPI)[前年同月比] 10月
19:00 DEM ZEW景況感調査(期待指数) 11月
19:00 EUR ZEW景況感調査 11月
22:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前月比] 10月
00:00 USD NAHB住宅市場指数 11月

今日のトレードポイント



17日朝発表された7-9月期実質国内総生産(GDP)速報値が2期連続でマイナスとなり、景気への先行き不安から株安が進むと安全資産の円が買い戻されドル安円高、そして日経平均株価は売られ株安の流れとなりました。本日海外から帰国する安倍首相は18日にも解散を表明する見通しとなっており、GDP悪化から円高株安の流れが解散表明によってどのような反応を示すか注視したいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 116.00-118.00  ユーロ・円 144.00-148.00  ポンド・円 181.00-185.00

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」