2014/10/21 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、107.084円で取引を開始した後、日経平均株価が一時570円超上昇したことで、投資家のリスク選好度が高まりクロス円を中心に円売りが進むと、一時107.39円近辺まで値を上げました。ただ、107円台では利食い売りなどが出たため、その後はやや伸び悩み107円台前半での推移となりました。欧米市場では、欧州株や時間外のNYダウ先物、日経平均先物が下落したことでリスク回避のドル売りが出たほか、時間外の米10年債利回りが低下したことで日米金利差縮小を見越したドル売りも出ました。22時30分前には一時106.79円まで下押しましたが、その後は材料を欠いたこともあり、106.90円を挟んだもみ合いとなりました。安く始まったNYダウが引けにかけてプラス圏に浮上したことでリスク回避の円買い圧力は後退するも、全般にドル安が進んだ影響もあり、方向感を欠く流れとなりました。前日比では0.001円高い106.924円で取引を終えました。


≪2014年10月20日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り28% 買い72%
ユーロ・円  :「ブル」 売り47% 買い53%
英ポンド・円 :「ブル」 売り30% 買い70%
豪ドル・円  :「ブル」 売り14% 買い86%
NZドル・円  :「ブル」 売り16% 買い84%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り69% 買い31%

【今日の主な経済指標】

09:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
13:30 JPY 全産業活動指数[前月比] 8月
17:30 HKD 消費者物価指数(CPI)[前年比] 9月
23:00 USD 中古住宅販売件数[年率換算件数] 9月
23:00 USD 中古住宅販売件数[前月比] 9月

今日のトレードポイント



市場では米国は来年度中の利上げの可能性が高いのではと予想されております。米国のインフレ期待が上昇しないことで金融緩和引き締めのペースが緩やかになる可能性はありますが、米短期金利の上昇を通じて結局ドルは買われるのではないでしょうか。その一方で、本日は材料難から方向感に欠ける展開も視野に入れておきたいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 106.70-107.50  ユーロ・円 136.00-137.50  ポンド・円 170.20-174.20

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」