2014/9/30 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、109.342円で取引を開始した後、日本株高を見越したドル買いから109.51円近辺まで上昇しました。その後は、本邦輸出企業による月末期末に絡んだドル売りが出て109.26円近辺まで失速しましたが、日経平均株価が底堅く推移したため下値も限られました。安倍晋三首相が所信表明演説を開始したタイミングで、海外勢中心に思惑的なドル買いが優位となり、109.74円近辺と2008年8月27日以来の高値を付けました。欧米市場では、時間外の米10年債利回りが低下したことで、日米金利差縮小を見越したドル売りが広がりました。時間外のダウ先物やナイトセッションの日経平均先物が下落したことも重しとなり、22時過ぎには109.13円近辺まで下抜ける場面も見られました。もっとも、その後は一時170ドル超下げたNYダウ平均が下げ幅を縮小し、米長期金利の低下も一服したため、109円台半ばまで下値を切り上げました。なお、米経済指標では8月米個人消費支出(PCE)や8月米コアPCEデフレーターが市場予想を上回った反面、8月米住宅販売保留指数は市場予想より弱い結果となりましたがいずれも反応は限定的でした。前日比では、0.191円高い109.474円で取引を終えました。

≪2014年9月29日クローズ時点≫
ドル・円   :「ベア」 売り51% 買い49%
ユーロ・円  :「ベア」 売り54% 買い46%
英ポンド・円 :「ベア」 売り51% 買い49%
豪ドル・円  :「ブル」 売り11% 買い89%
NZドル・円  :「ブル」 売り18% 買い82%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り54% 買い46%

【今日の主な経済指標】
08:30 JPY 失業率 8月
08:50 JPY 大型小売店(既存店)販売額[前年同月比] 8月
08:50 JPY 鉱工業生産・速報値[前月比] 8月
10:30 JPY 毎月勤労統計調査-現金給与総額[前年同月比] 8月
14:00 JPY 新設住宅着工戸数[前年同月比] 8月
15:00 DEM 小売売上高指数[前年同月比] 8月
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前年同期比] 4-6月期
19:00 JPY 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
21:00 ZAR 貿易収支 8月
21:30 CAD 月次国内総生産(GDP)[前月比] 7月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 7月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 7月
22:45 USD シカゴ購買部協会景気指数 9月
23:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 9月

今日のトレードポイント



昨日のドル円は、2008年8月27日以来の高値を付けたことで今後もドル買いの地合いは継続しそうです。ただ明日、日銀短観や米ADP雇用統計を控えていることもあり本日は様子見ムードの展開が予想されますが、109円台半ばではドル買いのスタンスで良いのではないでしょうか。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 109.00-110.00  ユーロ・円 138.00-142.00  ポンド・円 175.00-180.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」