2014/9/25 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場の午前では訪米中の安倍晋三首相が最近の円安傾向について「地方経済に与える影響を注視したい」との見解を示したと伝わると、円買い・ドル売りが先行し一時108.50円近辺まで値を下げました。ただ、日経平均株価が底堅く推移したことなど相場の支援材料となり108.80円付近まで持ち直しました。午後では、日経平均株価が軟調に推移したこを嫌気して108.50円前後まで小幅に下げました。欧州市場では、対オセアニア通貨中心にドル安が進んだ影響を受け上値の重く108.60円近辺でのもみ合いとなりました。その後、時間外のダウ先物やナイト・セッションの日経平均先物が底堅く推移したことをながめ徐々にドル買い地合いとなり108.80円近辺まで値を戻しました。NY市場では、8月米新築住宅販売件数が予想より強い結果となったことを受けドル買い優勢となったほか、米長期金利が上昇したことが下支えとなり109円台となりました。引けにかけてNYダウが150ドル高となるなどドル買い地合いが継続し前日比では0.168円高い109.032円で取引を終えました。

≪2014年9月24日クローズ時点≫
ドル・円   :「ベア」 売り52% 買い48%
ユーロ・円  :「ベア」 売り54% 買い46%
英ポンド・円 :「ベア」 売り56% 買い44%
豪ドル・円  :「ブル」 売り16% 買い84%
NZドル・円  :「ブル」 売り15% 買い85%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り61% 買い39%

【今日の主な経済指標】
16:00 EUR ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、発言
17:00 EUR マネーサプライM3[前年同月比] 8月
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 8月
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 8月
21:30 USD 耐久財受注[前月比] 8月
21:30 USD 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 8月
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
21:40 GBP カーニー英中銀(BOE)総裁、発言

今日のトレードポイント



ドル円は、イスラエル軍が国境付近でシリア軍機を撃墜したことや、シリアの「イスラム国」に対する空爆などの地政学的リスクから一時ドルが売られる場面もありますが、下がったところでの買い意欲が高いため全般的に底堅く推移しています。また米国株・米国債利回りともに上昇し高値圏を維持しているほか、ここ最近の米国景気指標も好結果となっていることでドル買い地合いが継続しています。市場では、米国景気が堅調になっていることで出口戦略が予想より早まるとの見方も高まっていることで、来週の米国雇用統計まで基本強気スタンスで取引に臨みたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 108.40-109.40  ユーロ・円 138.00-142.00  ポンド・円 175.00-180.50

★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」