吉田 恒

 ドルが1月に記録したこの間の対円高値、105円台に近付いてきた。あの1月105円台で今回のドル高・円安トレンドが終わりだったら、ドル上昇率、継続期間ともに今回はきわめて「平均的なドル高・円安」だったということになる。一方、1月のドル高値を更新してくるようなら、「平均以上のドル高・円安」になってくるが、果たしてどうか?


◆2年4か月続き4割のドル高・円安が「平均」



 過去4回のドル高・円安トレンドで、ドル最大上昇率、継続期間の平均は42%、2年4か月<資料参照>。これに対して、今回2011年11月75円から始まったドル高・円安は、今年1月の105円でドル上昇率は40%、そして2年2か月続いた計算になる。つまり、あの1月105円でドル高・円安が終わりだったら、まさにドル高・円安の「平均」だったことになるわけだ。

※<資料>はコチラ⇒http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=705752

資料
 ここにきて、そんな1月105円にドル高・円安が近付いてきた。もしもドル高値を更新することがあったら、ドル上昇率、継続期間ともに平均以上ということになってくるが果たしてどうか。

 ところで、過去4回のドル高・円安トレンドの中では、1995年4月から1998年8月にかけて展開したトレンドがドル上昇率、継続期間ともに突出していた。ちなみにこれを除いた3回の平均を計算すると、ドル上昇率は29%、継続期間は2年。その意味では、今回のドル高・円安は、すでに1月105円までの段階で、それは超えているわけだ。

 以上の見方をすると、ドル上昇率が一段と拡大し、継続期間が一段と延びることは、単に「平均以上」といったことを超えた重い意味になりそうだ。足元でそれが現実になる十分条件が揃っているかといえば、個人的には懐疑的だ。(了)

◆8、9月の会場及びWEBセミナーのご案内
8月29日=アカデミア3周年記念「月例WEBセミナー特番」
9月3日=「為替の学校」M2JFXアカデミア・予測編
9月10日=「100万$ナイト為替セミナー・スペシャル」
9月15日=「為替の学校」M2JFXアカデミア・東京1デー
http://www.m2j.co.jp/seminar/

【吉田 恒氏】
1985年、立教大学文学部卒業後、(株)自由経済社(現・(株)T&Cフィナンシャルリサーチ)に入社。同社の代表取締役社長などを経て、2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケットエディターズ」の日本代表に就任。国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的に行っている。また「M2JFXアカデミア」の学長も務めている。
2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。「わかりやすい、役立つ」として、高い顧客支持を有する。
著書に『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)など

●ツイッター http://mobile.twitter.com/yoshida_hisashi
●毎週動画 http://www.m2j.co.jp/fx_channel/
●FXの学校「アカデミア」 https://www.m2j.co.jp/mp/my_fxacademia/