2014/8/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、104.073円で取引を開始した後、東京市場において日経平均株価が一時110円超下落したことや対ユーロなどでドル売りが強まった影響を受け103.68円近辺まで下押しました。売り一巡後は買い戻しも入りましたが103.70円台での推移となりました。欧州市場では、ウクライナ情勢の緊迫化で欧州株やナイトセッションの日経平均先物が軟調に推移したため、リスク回避的な円買いに押されたことや、時間外の米10年債利回りの低下も相場の重しとなり、19時30分過ぎには103.56円と本日安値を更新しました。NY市場に入ると、徐々に下げ幅を縮小する展開となるなか、ポロシェンコ・ウクライナ大統領が「ロシア軍がウクライナに侵入した」との声明を「ロシア部隊がウクライナに入った」に訂正したことで、過度なリスク回避ムードが緩和しました。米経済指標が軒並み市場予想より強い結果となったことや米長期金利の低下が一服したこともドルの買い戻しを誘い103.93円まで上昇する場面も見られました。取引終盤にはNYダウが軟調に推移していることから方向感に欠ける展開となり、前日比では0.137円安い103.738円で取引を終えました。

≪2014年8月28日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り45% 買い55%
ユーロ・円  :「ブル」 売り41% 買い59%
英ポンド・円 :「ブル」 売り38% 買い62%
豪ドル・円  :「ブル」 売り36% 買い64%
NZドル・円  :「ブル」 売り15% 買い85%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り54% 買い46%

【今日の主な経済指標】
07:45 NZD 住宅建設許可件数[前月比] 7月
08:30 JPY 失業率 7月
08:30 JPY 全国消費者物価指数(CPI、生鮮食料品除く)[前年同月比] 7月
08:50 JPY 鉱工業生産・速報値[前月比] 7月
14:00 JPY 新設住宅着工戸数[前年同月比] 7月
15:00 DEM 小売売上高指数[前月比] 7月
15:00 DEM 小売売上高指数[前年同月比] 7月
18:00 EUR 失業率 7月
19:00 JPY 外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
21:30 CAD 四半期国内総生産(GDP)[前期比年率] 4-6月期
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 7月
21:30 USD 個人所得[前月比] 7月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 7月
22:45 USD シカゴ購買部協会景気指数 8月
22:55 USD ミシガン大学消費者態度指数・確報値 8月


今日のトレードポイント


ウクライナ情勢を背景にしたリスク回避の流れは一先ず一服した感はありますが、未だ完全に払しょくされたとは言えないため、和平案が合意されないならば、本日のドル円は103円台半ばでの取引となることが予想されます。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 103.40-104.10  ユーロ・円 135.50-138.50  ポンド・円 170.00-174.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」