2014/7/22 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、日本が休場のため市場参加者が少なく、東京市場では大きな方向感がありませんでした。欧州市場でも、ドル円は狭いレンジ相場が続き101.30円近辺でのもみ合いとなりました。NY市場では、ウクライナや中東情勢を巡る懸念が根強いなか、NYダウが120ドルを超す下げ幅となったことや、米長期金利も低下幅を拡大したものの、限定的で101.30円前後での動きに終始しました。引けにかけては、NYダウの下げ幅を縮小し若干ドル買いとなったものの前日比では0.038円高い101.374円で取引を終えました。

≪2014年7月21日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り17% 買い83%
ユーロ・円  :「ブル」 売り35% 買い65%
英ポンド・円 :「ブル」 売り41% 買い59%
豪ドル・円  :「ブル」 売り19% 買い81%
NZドル・円  :「ブル」 売り26% 買い74%
ユーロ・ドル :「ブル」 売り38% 買い62%

【今日の主な経済指標】
15:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 6月
17:30 HKD 消費者物価指数(CPI)[前年比] 6月
13:30 JPY 全産業活動指数[前月比] 5月
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・改定値 5月
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・改定値 5月
15:00 CHF 貿易収支 6月
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 6月
21:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 6月
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 6月
22:00 USD 住宅価格指数[前月比] 5月
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 7月
23:00 USD 中古住宅販売件数[年率換算件数] 6月
23:00 USD 中古住宅販売件数[前月比] 6月

今日のトレードポイント



昨日のNYダウは、一時100ドル超えの大幅な下落をするなど、マレーシア航空の旅客機がウクライナのロシア国境付近で撃墜されたとの報道から、地政学リスクが一段と高まり、株安・米国債利回り低下・ドル安・円高のダウンサイドリスクが高まっています。直接的な影響がないとはいえ、投資家のリスク選好の動きが低下し、最高値圏にある米国株式市場で売りが加速し大きく下げるようなことになれば、流れが一気に円買いに傾く可能性もあります。ユーロもドルも積極的に買いづらい中、安全通貨の円が消去法的に買われる可能性がありますので、下値への警戒はしておきたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 100.00-101.60  ユーロ・円 135.00-139.00  ポンド・円 171.00-176.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」