2014/5/2 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、102.248円で取引を開始した後、日本がゴールデンウィークの連休で本邦勢不在のなか、豪3月住宅建設許可件数が前月比で-3.5%となり、市場予想の+1.5%を大きく下回ると、中国4月HSBC製造業PMI・改定値も48.1と、強弱の分かれ目となる50を下回る弱い結果となったことで、豪ドル円の下落から円買いの流れが広がり101.90円近辺まで下押しました。欧州市場では、英国がアーリー・メイ・バンクホリデーの祝日で休場だったため市場への参加者が少なかったことや、ウクライナ情勢に対する警戒感の高まりもあり102円ちょうどを挟んでの小動きとなりました。NY市場に入り、発表された米4月ISM非製造業景況指数は市場予想を上回る好結果となり、米長期債利回りはやや上昇したほか、下落して始まった米株価指数は下げ幅を縮小しました。ただ市場の反応は限定的で102.10円近辺まで小幅に上昇した後、102円台を割り込みそうなラインでもみ合いとなりました。その後は米長期債利回りの上げが一服し、米株価指数も動意に乏しい値動きとなり前日比では0.055円安い102.133円で取引を終えました。

≪2014年5月5日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り21% 買い79%
ユーロ・円  :「ベア」売り59% 買い41%
英ポンド・円 :「ベア」売り56% 買い44%
豪ドル・円  :「ブル」売り21% 買い79%
NZドル・円  :「ブル」売り46% 買い54%
ユーロ・ドル :「ベア」売り62% 買い38%

【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 貿易収支 3月
13:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
16:50 FRF サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 4月
16:55 DEM サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 4月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 4月
17:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 4月
18:00 EUR 小売売上高[前月比] 3月
18:00 EUR 小売売上高[前年同月比] 3月
21:30 CAD 貿易収支 3月
21:30 USD 貿易収支 3月
23:00 CAD Ivey購買部協会指数 4月

今日のトレードポイント


本日もゴールデンウィークの連休で東京市場は休場となるため、薄商いでの下値リスクには注意したいところです。重要な経済指標の発表も少なくなっていますが、豪準備銀行(中央銀行)による政策金利発表が、豪ドルを中心に他通貨にどの程度影響するかを見極めた上で取引したいところです。NY市場で発表される米貿易収支(3月)については、このところの米経済指標の堅調な結果から予想よりいい結果となりそうですが、全体的に材料難から乏しい値動きになることが想定されます。方向感を意識せずに突発的な値動きに対応できるよう準備しておきたいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 101.00-102.50  ユーロ・円 141.00-143.00  ポンド・円 171.00-173.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」