2014/4/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、東京市場午前においてはウクライナ情勢をめぐる不安を背景に、本邦株価がさえない流れとなったことで円買いが先行しました。日経平均株価も、一時200円超の下落となりましたが、ある程度の株安は織り込み済みのため下値は限られ102.05円近辺で下げ渋りました。午後に入ると安値近辺では買戻しが優勢となるも、上値は抑えられる展開となりました。欧州市場では、円売りが優勢となり102.35円近辺まで上値を伸ばすと、この日発表された米3月中古住宅販売保留件数指数が前月比+3.4%と、市場予想を大きく上回ったこともリスク選好ムードを後押しし、102.60円付近まで上昇幅を拡大させました。NY市場では、米株高・債券安を背景とした円売り、ドル買いが一服し102.35円近辺まで下押しましたが、引けにかけてダウ平均が前日比プラス圏となるとドル円も102.50円近辺まで持ち直し、前日比では0.331円高い102.480円で取引を終えました。

≪2014年4月28日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り30% 買い70%
ユーロ・円  :「ベア」売り67% 買い33%
英ポンド・円 :「ベア」売り53% 買い47%
豪ドル・円  :「ブル」売り22% 買い78%
NZドル・円  :「ブル」売り25% 買い75%
ユーロ・ドル :「ベア」売り89% 買い11%

【今日の主な経済指標】
15:00 DEM GFK消費者信頼感調査 5月
15:45 FRF 消費者信頼感指数 4月
17:00 EUR マネーサプライM3[前年同月比] 3月
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前期比] 1-3月期
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前年同期比] 1-3月期
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 4月
21:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 4月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 2月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 2月
23:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 4月

今日のトレードポイント


本日は、ケース・シラー米住宅価格指数(2月)、消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード 4月)の発表が予定されています。ウクライナ情勢をめぐる不安が再燃している中、週末金曜日には米国雇用統計の発表も控えていることから、様子見ムードが強まり狭いレンジ相場となることが予想されるため、基本的なスタンスとしては押し目買い、戻り売りで対応していきたいです。ただ、荒い値動きにはならないと予想する一方、じわりじわりとゆるやかに上昇することも想定しておき、トレンド形成を見逃さないよう注意したいところです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 102.00-103.50  ユーロ・円 141.00-143.00  ポンド・円 171.00-173.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」