2014/3/28 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場で日経平均株価が250円近く下落したことも嫌気され一時101.70円近辺まで下押しする展開となりました。ただ、下値では本邦輸入勢などの買いが厚いこともあって、売り一巡後は101.90円付近まで戻しました。午後は、ドルを買い戻しを進める材料にも乏しく102.00円を前に上値を抑えられ小幅なレンジでもみあいとなりました。欧米市場では、ナイト・セッションの日経平均先物や欧州株式相場が安く始まったことでドル売りが先行しましたが、株安が一服すると値を戻す動きが続き総じて底堅い動きとなりました。なお、注目された前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い結果となったことで一時102.40円近辺まで値を上げたものの、10-12月期米国内総生産(GDP)確定値が予想を下回ったことで積極的に上値を試す展開にはならず前日比では0.156円高い102.166円で取引を終えました。

≪2014年3月27日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」 売り24% 買い76%
ユーロ・円  :「ブル」 売り45% 買い55%
英ポンド・円 :「ブル」 売り39% 買い61%
豪ドル・円  :「ブル」 売り38% 買い62%
NZドル・円  :「ベア」 売り81% 買い19%
ユーロ・ドル :「ベア」 売り53% 買い47%

【今日の主な経済指標】
16:00 DEM 輸入物価指数[前月比] 2月
16:00 DEM 輸入物価指数[前年同月比] 2月
16:45 FRF 消費支出[前月比] 2月
16:45 FRF 卸売物価指数(PPI)[前月比] 2月
18:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前期比] 10-12月期
18:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、確定値)[前年同期比] 10-12月期
18:30 GBP 四半期経常収支 10-12月期
19:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 3月
21:30 USD 個人消費支出(PCE)[前月比] 2月
21:30 USD 個人所得[前月比] 2月
21:30 USD 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く)[前月比] 2月
22:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 3月
22:55 USD ミシガン大学消費者態度指数・確報値 3月

今日のトレードポイント


ドル円は、ウクライナ情勢をめぐる不透明感や米国経済指標の強弱まちまちな結果から上値が限定的となり、小幅な値動きでのレンジ相場が続いています。また月末・3月期末を前に実需の円買いやリパトリによる売り圧力も徐々に強まっているほか、米国の早期利上げ期待も景気次第との見方となっており、ドル買い意欲の低下から当面は下値への警戒が必要かもしれません。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 101.50-103.00  ユーロ・円 140.00-142.00  ポンド・円 168.00-170.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」