2014年から新しい株価指数「JPX日経インデックス400」の算出がスタートした。優良銘柄だけで構成されるという新指数を使った投資戦略を専門家に聞いた


◆「JPX日経400」入れ替え銘柄を今から仕込む方法【後編】



⇒【中編】『JPX日経400入れ替え銘柄を今から仕込む』
http://nikkan-spa.jp/583640


◆新規組み入れと除外は意外と予想しやすい

「採用基準とタイミングが明確なので個人投資家にも予想しやすい。例えば'11年に不祥事が発覚したオリンパスや、2期連続赤字のパナソニックは現状では不採用ですが、復活して基準を満たせば組み入れは濃厚。先回り買いで利益を上げることは十分可能です」(SBI証券の藤本誠之氏)

 もちろん、すでに組み入れられている銘柄の中でも、有望な投資対象は数多くある。藤本氏が注目するのは、コークスを製造する日本コークス工業だ。

「地味な銘柄ですが、比較的流動性が低いため、指数組み入れのインパクトは大きい」。新興国でスキンケア製品が好調なロート製薬もおすすめだという。

楠 千弘氏 DZHフィナンシャルリサーチの楠千弘氏は、割安感のある銘柄として業績の安定感が抜群の積水ハウス、シェア拡大中の軽自動車を主力とするダイハツ工業などを挙げた。

「配当利回りが4%台と高く、株主優待も人気のアコーディア・ゴルフにも要注目です」

 素直に構成銘柄を買うか、先回り買いを狙うか……。新指数JPX日経インデックス400で、投資チャンスは大きく広がりそうだ。

<楠 千弘氏推薦>JPX日経インデックス400に関連して狙うべき銘柄

●積水ハウス【東1・1928】
現在株価:1477円⇒目標株価:1900円

●アコーディア・ゴルフ【東1・2131】
現在株価:1348円⇒目標株価:1600円

●ダイハツ工業【東1・7262】
現在株価:1734円⇒目標株価:2000円

【藤本誠之氏】
SBI証券 シニアマーケットアナリスト。確度の高い予想と市場分析で人気の「相場の福の神」。日本証券アナリスト協会検定会員、ITストラテジスト

【楠 千弘氏】
DZHフィナンシャルリサーチ アナリスト。スイス銀行株式調査アシスタント、国内証券調査部を経て現職。ファンダメンタルと定量分析を駆使した銘柄選定に定評

取材・文 森田悦子 ※株価は1月29日の終値
― JPX日経400入れ替え銘柄を今から仕込む方法【3】 ―