昨年、100倍に値上がりした「ビットコイン」。このドリーム通貨を、ほぼ元手ゼロで“掘り当てる”方法に迫った!

⇒【前回】『「ビットコインを採掘」の採掘ってなんだ?』
http://nikkan-spa.jp/573285


◆ポスト・ビットコインに注目



「ビットコインはドルや円と違って中央銀行や造幣局があるわけではありません。アルゴリズムに基づいてネットワーク上で新たなビットコインが生まれていきます。新たに生まれるコインを手に入れるためには“採掘”(マイニング)という作業が必要なんです。その発掘作業への投資が本場アメリカなどでは盛んに行われています。ただ、ビットコインの採掘はもう現実的ではない。全世界で採掘にかけられているコンピューターパワーは日本が誇るスーパーコンピュータ『京』をしのぐほど。家庭用パソコンで太刀打ちできる世界ではなくなっています」(ビットコイン事情に詳しいノマド研究所主宰の大石哲之氏)

 ビットコイン長者の夢は、はかなくも消えるのか!?

ビットコイン 実は「ポスト・ビットコインにこそ妙味がある」と、暗号通貨の採掘を行っているブロガーのA氏は話す。

「現在ではビットコインと同じ仕組みを使った『暗号通貨』が続々と登場し、200種類ほどあります。年初には『2ちゃんねる』発の暗号通貨も登場しました」

 多くの暗号通貨はだんだんと発掘難易度が上がるように作られている。それに登場初期の段階では発掘のライバルも少ない。つまり、登場直後の暗号通貨ほど、発掘はしやすいのだ。ビットコインに次ぐ暗号通貨の二番手に「ライトコイン」がある。これならどうか。

「僕も採掘したけど、コアi7のCPUを搭載したPCを3日3晩動かして0.0001コインも手に入りませんでした」(大石氏)

 二番手でもまだ厳しい……。

「でも、『カジノコイン』だと3日で100コインくらい手に入りました。オンラインカジノ用に設計された超マイナー通貨で、100コインでも時価1ドルにもならないくらいですが(笑)」(同)

 これから暗号通貨のゴールドラッシュに乗り出すには、こうした「ジャンク通貨」が狙い目だ。なかには現金化が難しかったり、価値が乱高下しすぎるものもあるが、将来、ビットコインに代わる“本命暗号通貨”にのし上がる可能性もあるという。

⇒【次回】『「第二のビットコイン」を掘り当てろ』へ続く
http://nikkan-spa.jp/573287


― 第二のビットコインを採掘(マイニング)して一攫千金を狙え【2】 ―