2014/1/10 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は104.874円で取引を開始した後、日経平均株価の利益確定の売りが進んだことから円買いが先行する展開となりました。一時104.74円近辺まで値を下げましたが売り一服後は買い戻しが進み、105円台の大台回復に迫る104.98円近辺まで上昇しました。午後、日経平均株価が前日比マイナス280円前後まで下げ幅を広げたものの、104.87円近辺を中心に横ばいで推移する底堅さを見せましたが、やはり上値が重い展開となりました。欧米市場に入ると、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の定例記者会見を前に持ち高調整の円売りが進んだことから、一時105.03円近辺まで上昇。しかし、会見で「我々は高度な金融緩和を維持し必要に応じてさらに断固たる行動を取ることを引き続き決定」、「今日ECBはフォワードガイダンスの文言を強めた」との見解を示すと一転、円を買い戻す動きが優勢となり104.60円近辺まで値を下げました。10日に12月米雇用統計を控えているためかその後の上昇に勢いはなく、前日比では0.032円安い104.791円で取引を終えました。

≪2014年1月9日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り33% 買い67%
ユーロ・円  :「ブル」売り49% 買い51%
英ポンド・円 :「ブル」売り41% 買い59%
豪ドル・円  :「ブル」売り13% 買い87%
NZドル・円  :「ベア」売り63% 買い37%
ユーロ・ドル :「ベア」売り66% 買い34%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・速報値 11月
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・速報値 11月
15:45 CHF 失業率 12月
16:45 FRF 鉱工業生産指数[前月比] 11月
17:00 CHF 消費者物価指数(CPI)[前月比] 12月
18:30 GBP 鉱工業生産指数[前月比] 11月
18:30 GBP 製造業生産指数[前月比] 11月
22:30 CAD 失業率 12月
22:30 CAD 新規雇用者数 12月
22:30 USD 非農業部門雇用者数変化[前月比] 12月
22:30 USD 失業率 12月

今日のトレードポイント


ドル円は、すでに発表された米12月ADP雇用統計が市場予想を上回る強い結果となっており、本日の12月米雇用統計も好結果となる展開に期待が高まります。一方で、指標発表で好結果が出ているにも関わらず、105円台を維持できていないことを踏まえると、素直にリスク選好のドル買い一辺倒というわけにはいかないかもしれません。ただ、上値は重いながらも底堅く推移しているため、極端に円買いが進む展開は考えにくいです。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 104.50-106.50  ユーロ・円 142.00-145.00  ポンド・円 171.50-174.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」