2013/11/11 トレイダーズ証券「みんなのFX」

先週金曜日の東京市場から欧州市場は、米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスの格付けを「AA+」から「AA」に引き下げたと発表したことを受けて全般的にユーロ安が進みました。そのためユーロ円は、15時過ぎに一時131.40円付近まで下落し安値を更新しました。売り一巡後は、9月独経常収支や9月独貿易収支が予想より強い結果となったことが支えとなり、徐々に値を戻しました。ドル円は、ユーロ円の下げにつれて小幅に下げたものの、米雇用統計を控えて値動きは鈍かった。NY市場では、注目されていた10月米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比20万4000人増と市場予想平均の前月比12万人増を大きく上回ったほか、9月分が16万3000人、8月分が23万8000人に上方修正されました。米量的緩和の長期化観測が後退し、米長期金利が急上昇するとドル買いが加速し、ドル円は99円台まで急速に上昇しました。ただ、11月米ミシガン大消費者態度指数が72.0と市場予想平均の74.5を下回ったことを受け、ドル買いが一服し前日比で1.124円高い99.144円で取引を終えました。

≪2013年11月8日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り29% 買い71%
ユーロ・円  :「ベア」売り57% 買い43%
英ポンド・円 :「ベア」売り71% 買い29%
豪ドル・円  :「ブル」売り13% 買い87%
NZドル・円  :「ブル」売り32% 買い68%
ユーロ・ドル :「ベア」売り77% 買い23%

【今日の主な経済指標】
09:30 AUD 住宅ローン件数[前月比] 9月

今日のトレードポイント


先週金曜日の米雇用統計が予想より強い結果を受けドル円が99円台まで上昇し、米量的緩和縮小(QE)の長期化観測が後退しドル買いが強まりました。またNYダウは、堅調な推移を維持しており、株高を背景したドル買いも下支えとなったことで、しばらくは円安地合が続きそうです。ユーロは、市場予想に反して政策金利を0.50%から25bp引き下げ0.25%にしたことからサプライズのユーロ売りが殺到したほか、米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)がフランスの格付けを「AA+」から「AA」に引き下げたことも重しとなっており、しばらくユーロ円の上値は限定的となるかもしれません。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 98.00-100.00  ユーロ・円 131.00-133.00  ポンド・円 156.00-160.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」