2013/11/4 トレイダーズ証券「みんなのFX」

先週金曜日のドル円は、98.362円で取引を開始した後、日経平均株価が下げに転じ200円超まで下げ幅を拡大すると、リスク回避のドル売りが強まり97.81円近辺まで下落。欧米市場では、米量的金融緩和が長引くとの見方がやや後退するなか、10月ISM製造業景況指数が米政府機関閉鎖の影響をあまり受けず56.4と前月の56.2を上回ったことで、米長期金利が上昇し10月17日以来の高値となる98.84円近辺まで上昇。その後も高値圏での推移は継続し、前日比では0.305円高い98.690円で取引を終えました。

≪2013年11月1日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り27% 買い73%
ユーロ・円  :「ブル」売り43% 買い57%
ユーロ・ドル :「ベア」売り68% 買い32%
英ポンド・円 :「ブル」売り46% 買い54%
豪ドル・円  :「ブル」売り18% 買い82%
NZドル・円  :「ブル」売り29% 買い71%

【今日の主な経済指標】
17:55 DEM?DEM 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 10月
18:00 EUR?EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値) 10月
00:00 USD?USD 製造業新規受注[前月比] 9月
00:00 USD?USD 製造業新規受注[前月比] 8月

今日のトレードポイント


今週のドル円ですが、10 月のISM 非製造業景況感指数(11/6)や7-9 月期のGDP統計(11/7)、10 月の雇用統計(11/8)などの米経済指標に注目が集まります。市場予想では、ISM 非製造業景況感指数は前月比で小幅ながら低下し、実質GDP成長率は前期比年率で1.9%増と4-6 月期の2.5%増から減速すると予想されています。また、10 月の米雇用統計では非農業部門雇用者数が(政府部門の一部閉鎖の影響)前月比で12.5 万人増と9 月の14.8 万人増を下回ると予想されています。米政府機関閉鎖の影響がどこまで及ぶかに注目が集まりますが、積極的にドルを買い動く展開よりも、上値の重い展開になることが予想されます。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 97.50-99.50  ユーロ・円 132.00-135.00  ポンド・円 156.00-160.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」