2013/10/30 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、97.671円で取引を開始した後、日経平均株価の軟調な推移を受け97.46円近辺まで値を下げました。その後はFOMCを控え方向感に欠ける展開となりました。欧米市場では、欧米株価の上昇を背景にリスクオンとなり円売りドル買いが先行しました。8月ケース・シラー米住宅価格指数が前年比でプラス12.83%と2006年初旬以来の上昇幅となったことも支えとなり98.27円近辺まで上昇。その一方で、10月米消費者信頼感指数などの米経済指標は市場予想を下回りましたが、NYダウ平均が市場最高値を更新したこともあり底堅い推移が継続。前日比では0.471円高い98.181円で取引を終えました。

≪2013年10月29日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り22% 買い78%
ユーロ・円  :「ベア」売り80% 買い20%
ユーロ・ドル :「ベア」売り89% 買い11%
英ポンド・円 :「ベア」売り56% 買い44%
豪ドル・円  :「ブル」売り14% 買い86%
NZドル・円  :「ブル」売り22% 買い78%

【今日の主な経済指標】
17:00 CHF KOF景気先行指数 10月
17:55 DEM 失業者数[前月比] 10月
17:55 DEM 失業率 10月
19:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 10月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:15 USD ADP雇用統計[前月比] 10月
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 9月
21:30 USD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 9月
21:30 USD 消費者物価指数(CPIコア指数)[前月比] 9月
22:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 10月
03:00 USD 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
05:00 NZD ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利

今日のトレードポイント


昨日のドル円は、リスクオンの流れから円売りドル買い地合いとなりました。本日のドル円ですが、29日の上昇の反動も予想され、基本的には上値の重い展開が予想されます。
東京市場では月末による本邦輸入企業のドル買いも予想されるため下値は限定的となるかもしれません。NY市場では米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明が発表されるため、内容によっては動意づく可能性があるため、要人発言には注意が必要となります。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 97.20-98.50  ユーロ・円 133.30-136.80  ポンド・円 155.00-159.80


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」