2013/10/22 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、東京市場において9月貿易収支が市場予想より赤字幅が拡大したことを受けて円売りドル買いが入ったほか、市場では「国内大手銀行からの買いが観測された」との指摘もあり、一時98.10円付近まで上昇。その後は98円を挟んだ展開となりました。欧州・NY市場では、日欧株価の上昇を手掛かりに円売りドル買いが先行しました。さらに、米長期金利の上昇に伴うドル買いも入り、一時98.24円付近まで上昇。ただ、明日に発表が予定されている9月の米雇用統計を控え、積極的な売買は見られず上値は限定的となりました。その後は方向感に欠ける展開となり、前日比では0.399円高い98.184円で取引を終えました。

≪2013年10月21日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り17% 買い83%
ユーロ・円  :「ベア」売り80% 買い20%
ユーロ・ドル :「ベア」売り91% 買い 9%
英ポンド・円 :「ベア」売り66% 買い34%
豪ドル・円  :「ブル」売り26% 買い74%
NZドル・円  :「スクエア」売り50% 買い50%

【今日の主な経済指標】
15:00 CHF 貿易収支 9月
21:30 CAD 小売売上高[前月比] 8月
21:30 CAD 小売売上高(除自動車)[前月比] 8月
21:30 USD 非農業部門雇用者数変化[前月比] 9月
21:30 USD 失業率 9月
22:00 USD 対米証券投資(短期債除く) 8月
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 10月
23:00 USD 建設支出[前月比] 8月

今日のトレードポイント


 昨日のドル円は、米長期金利の上昇に伴いドル買いの流れとなり98円台を回復しました。本日のドル円ですが、東京市場においては国内の企業決算が始まるため、決算の内容が良ければ日経平均株価の強含みから一時的にリスクオンの流れとなり円売りドル買いとなることも考えられます。NY市場においては、9月の米雇用統計に注目が集まりますが、9月までの米国の実態経済の良し悪しを確認する内容となるため、市場予想よりも良い結果となればリスクオンの円売りドル買い、市場予想よりも悪い結果となれば円買いドル売りの流れになることを視野に入れておきたいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 97.30-99.00  ユーロ・円 133.00-135.70  ポンド・円 156.00-160.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」