2013/10/1 トレイダーズ証券「みんなのFX」

 昨日のドル円は、東京市場で午前に日経平均株価が330円超下落したことで97.70円付近まで下落しました。その後日経平均株価が140円超安まで下げ幅を縮小すると、投資家のリスク回避姿勢が和らぎドルを買い戻す動きが入ったほか、本邦輸入企業からのドル買いが観測され98円台まで値を戻しました。
 欧州市場では、欧州株が下落して始まったことが嫌気され97.70円付近まで下押したほか、一部報道で日本の経済対策最終案で「法人実効税率の引き下げは明記せず」と伝わると全般に円買いが進み97.50円付近まで下落しました。
 NY市場では、日本の与党税制協議会で、「法人実効税率の引き下げを今後速やかに検討開始で合意した」との報道を受け、98円台まで上昇しました。また「米上院共和党議員らは政府機関閉鎖を回避する1週間のつなぎ予算案について議論している」との一部報道が伝わると、米政府機関閉鎖回避への期待から円売り・ドル買いが加速し、一時高値を更新し前日比0.050円高い98.235円で取引を終えました。

≪2013年9月30日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り17% 買い83%
ユーロ・円  :「ベア」売り67% 買い33%
ユーロ・ドル :「ベア」売り89% 買い11%
英ポンド・円 :「ベア」売り72% 買い28%
豪ドル・円  :「ブル」売り14% 買い86%
NZドル・円  :「ブル」売り38% 買い62%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 日銀短観・四半期大企業全産業設備投資[前年度比] 7-9月期
08:50 JPY 日銀短観・四半期大企業製造業先行き 7-9月期
08:50 JPY 日銀短観・四半期大企業製造業業況判断 7-9月期
08:30 JPY 有効求人倍率 8月
08:30 JPY 失業率 8月
08:30 JPY 全世帯家計調査・消費支出[前年同月比] 8月
10:30 AUD 小売売上高[前月比] 8月
10:30 JPY 毎月勤労統計調査-現金給与総額[前年同月比] 8月
13:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
16:55 DEM 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
16:55 DEM 失業率 9月
16:55 DEM 失業者数[前月比] 9月
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、改定値)
17:30 GBP 製造業購買担当者景気指数(PMI) 9月
18:00 EUR 失業率 8月
23:00 USD ISM製造業景況指数 9月
23:00 USD 建設支出[前月比] 8月

今日のトレードポイント


米国下院共和党の幹部で、下院議事運営委員長のセッションズ氏が「政府機関は閉鎖されない」との見通しを示しましたが、具体的な閉鎖の回避方法については明かされませんでした。米国の連邦債務は、10月17日までに法定上限を超える見通しで、それを過ぎると今月後半の米国債の償還や利払いができなくなる恐れがあります。市場では米国のデフォルトはさすがにないとの見方が優勢ですが、議会交渉は期限ぎりぎり一杯までもつれる公算が大きく交渉は難航が予想されます。そのため、しばらくドルは買いづらくリスク回避型の円買いが強まるかもしれません。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 97.50-99.50  ユーロ・円 131.50-134.50  ポンド・円 157.00-160.00



★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」