2013/8/9 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、96.367円で取引を開始した後、日経平均株価の切り返しから仲値にかけて96.932円まで上昇。正午前に日銀が金融政策決定会合で現行の金融政策の維持を発表すると96.480円前後まで弱含みました。7月中国貿易統計の改善を受けてやや戻したものの、日経平均株価が引けにかけて下落し、96.168円まで下落。欧米市場では、米国株の失速や対ユーロなどでドル売りが強まり96円台に突入し、ストップロスを巻き込み6月18日以来の安値となる95.796円まで下落。その後は米国株の持ち直しによる買い戻しを受け、じりじりと上昇。前日比では0.253円安い96.666円で取引を終了しました。

東京市場のユーロ円は、128.515円で取引を開始した後、ドル円の上昇につれて、一時129.230円まで上昇。日経平均株価の下落を受け投資家のリスク志向の低下を意識した売りが進み128.35円近辺まで下押ししました。欧米市場では、ドル円とユーロドルの影響からしばらくは方向感のない展開が継続。その後、ドル円が持ち直したことや、米国株の底堅い推移から投資家のリスク回避姿勢が後退し円売りユーロ買いの展開となり、一時129.443円まで上昇。前日比では0.778円高い129.34円で取引を終えました。  

≪2013年8月8日クローズ時点≫
ドル・円 :「ブル」売り11% 買い89%
ユーロ・円 :「ブル」売り47% 買い53%
ユーロ・ドル :「ベア」売り91% 買い 9%
英ポンド・円 :「ブル」売り34% 買い66%
豪ドル・円 :「ブル」売り12% 買い88%
NZドル・円 :「ブル」売り26% 買い74%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 消費者態度指数・一般世帯 7月
14:00 JPY 金融経済月報(基本的見解)
15:45 FRF 財政収支 6月
15:45 FRF 鉱工業生産指数[前月比] 6月
17:30 GBP 貿易収支 6月
21:15 CAD 住宅着工件数 7月
21:30 CAD 失業率 7月
21:30 CAD 新規雇用者数 7月
23:00 USD 卸売在庫[前月比] 6月


今日のトレードポイント


昨日のドル円は米国株の失速やユーロドルで売りが出たことからストップロスを巻き込み95円台に突入しました。本日のドル円は、中国の経済指標の結果が悪ければリスクオフの流れとなり円が買われ、再び95円台に突入することも視野に入れておきたいところです。来週に入ると日本企業の多くがお盆休みに入るため、本邦輸出企業による、休暇入り前のドル売りもありえるため注意したいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 96.00-98.00  ユーロ・円 128.000-131.00  ポンド・円 148.00-153.00



★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」