危なそう――誰もがそう考える市場こそ、逆にチャンスとなることがある。それを体現したのが、予備知識ゼロ、中国語ができないにもかかわらず、月収70万円を稼いだ鈴木正行氏。中国のオンラインショッピングサイト、“淘宝(タオバオ)”を主戦場に、専業トレーダーとして活躍している。手順は次の通りだ。

「タオバオで仕入れたものを、ヤフオクやアマゾンで販売しています。なぜ中国かというと、圧倒的に安いからです。少ない元手で、たくさん仕入れられます。イーベイでもいいのですが、物価が高く、同じ資金なら、タオバオでは倍以上の商品を入手できます」

個人で取引をする場合、少ない資金を効率よく回転させなければ、ならない。タオバオは、それを実現させてくれる魔法の仕入れ場所だという。

しかし、中国人といえばクセ者が多いという印象だ。商習慣の違いでロスをすることはないのだろうか。「発送は中国からですが、実は中国人とは直接取引はしていないんです。輸入代行業者を使えば、日本語、日本円で取引できますから」

中国語ができなくても取引できる理由はここにある。いくらタオバオの日本語版があるとはいえ、取引で使われるのは中国語。しかも独特のチャットソフトが必要だったりする。わずらわしいやりとりを代行してくれるのは、輸入代行業者だ。落札前の質問、落札、入金。業者によっては届いたものの検品まで行ってくれる。

「最初はすべてを自分で行おうと思って中国に銀行口座を開設しましたが、まったく使いませんでしたね」


安値で仕入れるから利益率は驚異の69%


淘宝(タオバオ)淘宝(タオバオ)
http://taobuy.jp/
ʼ03年設立のショッピングモールサイト。会員1億7000万人、年間取引額2083億元と中国EC市場のシェア約80%(ʼ09年時点)

珍衣装のダッフィーを発見!手順① 珍衣装のダッフィーを発見!
ディズニーで有名な熊キャラが着ているのは、なんと嵐の櫻井君のコンサート衣装。日本にはないオリジナルグッズだ

ヤフオクでプレミアム販売手順② ヤフオクでプレミアム販売
元値92元(約1104円)のグッズを、オークファンなどを参考に、ヤフオクで3599円で販売。差額2495円、利益率69%と上出来に



利益率90% 超のお宝も眠っている


アジア近隣各国のユーザーも多数参加。人気グループの雑誌の付録写真集が驚きの価格で手に入れられた。元値65円を2100円で販売

『初音ミク コスプレ衣装セット』
コスプレ衣装も、ウィッグ・靴など全身セットで高収益品に。衣装セット約7092円で仕入れ、1万8500円で販売。利益率は61%!!

仕入れ:7092円
売値 :1万8500円

1万1408円の利益



トラブルは“安さの代償”だと割り切るメンタルが必要


いくら輸入代行業を通しても、防げないトラブルはある。たとえば、オーダーと色違いのモノや格下品、破損品が送られてきたりするケース。しかしそこで“即クレームだ”と怒ってしまう人はタオバオの取引に向いていないと、鈴木氏は分析する。

「安い仕入れ値のものに、文句を付けている時間や手間がもったいない。だったら『わけあり商品』として格安で売りに出したほうが資金の回転率がいいです。そもそも安さがタオバオの魅力。1つの取引に占めるリスクは低い。足を止めるよりも、売り続けたほうが早いのです」

規模が大きいゆえに、迷うのが商材だ。コピー商品も出回っているというし、どのようなものを売ればいいのか。

「ノンブランド品の取引で充分。ここで注意点なのですが、初心者は、“商品”から見つけようとしますよね。でも、本当に利益を上げようと思ったら、深く考えずに、他の出品者の猿マネをすればいいのです」

まず、自分がタオバオで気になった商品を、ヤフーオークションで検索してみること。そしてその出品者の他の商品を見て自分のラインナップとして取り入れてみることだという。

「実績を出している人のマネをすれば、その人並みに稼げるようになります。その次のステップとしては、競合を出し抜くために、自分なりのオリジナル商品を売ることです」

オリジナルといっても驚くなかれ。商品を自分なりに“組み合わせる”だけでも立派なオリジナルだ。組み合わせの分、利益も上積みできる。

「タオバオは、ほんのちょっと頭を使うだけで利益が出ます。怖がらずに参加してみてください」

キメの細かい対応は期待できないが、それを補って余りある安さが魅力だ。


中国貿易専門SNSで、勝ち組先輩の意見を聞こう!


中国貿易について検索してみると、輸入代行業者の次に多いのが、情報商材だ。鈴木氏をはじめ、数多くの成功者が有料の情報を配信しているなか、無料で中国貿易に関する有力情報を得られるサイトがある。『中国貿易SNS』は、中国貿易に関わる人のためのSNSサービスだ。実はこれ、鈴木氏が情報交換の目的で始めたもの。

「私もときどき思うのですが、個人取引は、孤独な作業の連続です。そして、相談相手が誰もいないんですよね。特にちょっとしたことでもいいから、みんなで情報共有できる場ができればといいなと思って作りました。小さなつまずきが、挫折につながることもあるので、それを防ぎたいという気持ちもありましたね」

サイトに登録するには、名前や住所を書き込むだけ。もちろん無料だ。同業者同士の悩みを語り合えるというメリットが参加者にはある。しかし、競合を増やしてもいいのだろうか?

「僕は、中国からの個人輸入がもっと活発になってくれるといいと思っています。市場が拡大していくほうが面白いですからね。物販は手っ取り早く儲かります。でも、人件費や物価、為替の関係で中国で儲けられるのは今のうちだけかもしれません。早めに参加されることを推奨します」

ライバルの参入を〝おもしろい〟のひと言でかたづけられるこの余裕。経済的自由を得たものにだけ許される発言だ。お仲間にいち早く入ってみよう。

在宅中国貿易SNS
http://chinatenbai.from.tv/
普通のSNSサイト同様にコミュニティーやイベントなどのスレッドが立ち、気軽に交流できる。会員登録は無料


 
【鈴木正行氏】
リストラを機に、経験ゼロから中国貿易を始める。月商70万円稼いだ経験を、雑誌・テレビ等で語る。著書に『中国《タオバオ》ネット輸入・販売』(ぱる出版)がある