2013/6/4 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、先週金曜日のドル安進行を受け100.550円で取引を開始。5月の中国非製造業PMIや4月の豪小売売上高が低調だったことを受け100円台半ばでの推移となりました。欧州市場では、米10年債利回りが上昇幅を縮小したことも重しとなり100円台前半でのもみ合いに。NY市場では、5月米ISM製造業景気指数が49.0と市場予想の50.5より弱い内容となったことで全般ドル売りが広がりました。また、心理的節目の100.00円を下抜けて目先のストップロスを断続的に巻き込むと、一時5月9日以来の安値となる98.843円まで下落。その後は米国株が底堅く推移したことを受け下げ幅を縮小しましたが、前日比では0.891円安い99.524円で取引を終了しました。

東京市場のユーロ円は、130.625円で取引を開始した後、一時130.368円まで下落する場面がみられましたが、日本株が下げ渋ったことを受け130円台半ばでの推移となりました。欧州市場では、ドル円が下落したことや欧州株が上値の重い展開となったことを受け130円台半ばでもみ合う展開に。NY市場では、対豪ドルなどでユーロ安が進んだ影響を受けて円買い・ユーロ売りが先行。さらに、低調な米経済指標を材料にドル円が下落すると下げ幅を広げ129.521円まで下落。その後、米国株が底堅く推移したことを受け下げ幅を縮小しましたが、前日比では0.447円安い130.071円で取引を終えました。

≪2013年6月3日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り12% 買い88%
ユーロ・円  :「ブル」売り43% 買い57%
ユーロ・ドル :「ベア」売り81% 買い19%
英ポンド・円 :「ブル」売り31% 買い69%
豪ドル・円  :「ブル」売り11% 買い89%
NZドル・円  :「ブル」売り27% 買い73%

【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 経常収支 1-3月期
10:30 JPY 毎月勤労統計調査-現金給与総額[前年同月比] 4月
13:30 AUD 豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
18:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 4月
18:00 EUR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 4月
19:00 ZAR 四半期 南アフリカ経済研究所(BER)企業信頼感指数 4-6月期
21:30 CAD 貿易収支 4月
21:30 USD 貿易収支 4月


今日のトレードポイント


弱い経済指標を受け米FRBの量的緩和縮小観測が後退し、ドル安円高が進行しております。また、本日も米経済指標の貿易収支の発表が控えており、市場予想を下回る結果になれば、リスク回避の動きが強まりさらなる円高となることが予想されそうです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 98.80-101.00  ユーロ・円 129.00-132.00  ポンド・円 151.00-155.00



★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」