2013/5/24 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、東京市場で日経平均の下げ幅が1100円超となったほか、大阪証券取引所では日経225先物でサーキットブレーカーが発動されたことを受けて、リスク回避の動きからドル円は101.45円付近まで急ピッチに下落しました。その後の欧米市場では、円買いの動きが加速し一時100.837円まで下押したものの、甘利経済再生相が日経平均株価の1100円超の暴落について「うろたえる必要はない」との認識を示したことをきっかけに、下げが一巡すると前日比-1.168円となる101.876円まで急速に円を売り戻して取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、急ピッチに上昇していた日経平均が1100円超の大暴落したことを受けて、リスク回避の円買いから129.965円まで大幅に下落しました。しかし、欧米市場に入ると甘利経済再生相の発言を手掛かりに円買いが一服すると、急激な下落の反動から売り戻しが入り、ユーロ円は前日比-0.733円の131.766円まで大幅に下げ幅を縮小し取引を終えました。

≪2013年5月23日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り22% 買い78%
ユーロ・円  :「ベア」売り57% 買い43%
ユーロ・ドル :「ベア」売り66% 買い34%
英ポンド・円 :「ブル」売り43% 買い57%
豪ドル・円  :「ブル」売り11% 買い89%
NZドル・円  :「ブル」売り31% 買い69%

【今日の主な経済指標】
15:00 DEM 国内総生産(GDP、改定値)[前期比] 1-3月期
15:00 DEM 国内総生産(GDP、改定値)[前年同期比] 1-3月期
15:00 DEM GFK消費者信頼感調査 6月
15:45 FRF 企業景況感指数 5月
17:00 DEM IFO企業景況感指数 5月
21:30 USD 耐久財受注[前月比] 4月
21:30 USD 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 4月


今日のトレードポイント


前日の為替市場は、日経平均が1100円超の下落となったほか、大阪証券取引所の日経225先物でサーキットブレーカーが発動されるなど、リスク回避一色となり円全面高になりました。もっとも、甘利経済再生相が発言したように急ピッチな上昇の反動による下げとの見方が強く、下げ一巡後には大幅な戻りを試しました。本日も日経平均などの株式市場の値動き動向には警戒しておきたいです。再び下値模索となった場合には、円買いの動きが加速するかもしれません。ただし、来週27日が米国と英国の祝日で市場が休場になることから、取引が手控えられることも考えられそうです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 102.50-105.00  ユーロ・円 131.00-134.50  ポンド・円 154.00-157.00



★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」