2013/5/13 トレイダーズ証券「みんなのFX」

先週金曜日のドル円は、海外の円安の流れを受け100.604円で取引を開始。円安基調が継続するなか、2009年4月以来となる101円台に突入し一時101.197円まで上昇する場面も見られました。欧州・NY市場では、米量的緩和の早期解除観測を背景に円売りドル買いが進行するなか米長期金利が急上昇したことも支援材料となり一時101.985円と2008年10月21日以来の高値を付け102円台が視野に入りました。その後は売りに押され引けに掛けてはもみ合うこととなりましたが、前日比では1.035円高い101.625円で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、131.123円で取引を開始した後も円安基調は継続し131円台半ばでの推移となりました。欧州・NY市場では、ドル円の上昇につれた円売りユーロ買いが出て一時132.258円と2010年1月15日以来の高値を更新。その後は売り買いが交錯するも、前日比では0.792円高い132.001円で取引を終えました。
    

≪2013年5月10日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り43% 買い57%
ユーロ・円  :「ベア」売り72% 買い28%
ユーロ・ドル :「ベア」売り64% 買い36%
英ポンド・円 :「ブル」売り45% 買い55%
豪ドル・円  :「ブル」売り13% 買い87%
NZドル・円  :「ブル」売り37% 買い63%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY マネーストックM2[前年同月比] 4月
10:30 AUD 住宅ローン件数[前月比] 3月
10:30 AUD NAB企業景況感指数 4月
16:15 CHF 実質小売売上高[前年同月比] 3月
21:30 USD 小売売上高[前月比] 4月
23:00 USD 企業在庫[前月比] 3月


今日のトレードポイント


米国では足元のインフレ圧力の弱さが量的緩和継続の要因になっているとの見方があるため、今後ドル円が100円超えを継続するには米経済指標の結果が重要になってくるのではないでしょうか。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 100.50-102.50  ユーロ・円 131.00-133.50  ポンド・円 154.50-158.50



★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」