2013/3/26 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、ユーロ圏財務相会合で、キプロス支援策が承認されたことから、94.48円付近で取引を開始しました。その後は、94.97円近辺まで上昇。欧米市場では、キプロス議会の金融委員会委員長やダイセイプルーム・ユーログループ議長の発言、米株価の反落、米長期金利の低下で日米金利差縮小を意識した売りも加わり93.98円付近まで反落。その後は若干下げ幅を縮小し、前日比では0.412円安い94.118円で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、キプロス支援合意の報道が好感され、122.50円付近で取引を開始しました。その後は、123.85円付近まで上昇幅をひろげましたが取引一巡後は、123円台半ばで推移しました。欧米市場では、キプロス議会の金融委員会委員長が「ユーロ離脱の利益を評価しなければならない」との見解を示し、ダイセイプルーム・ユーログループ議長が「キプロスの銀行リストラ計画は、その他のユーロ圏の前例と見なされるべきだ」との発言を受けて欧州金融システム不安が高まり、120.08円付近まで下落。その後は、売り買いが交錯し、前日比では1.808円安い120.973円で取引を終えました。

 
≪2013年3月25日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り17% 買い83%
ユーロ・円  :「ブル」売り26% 買い74%
ユーロ・ドル :「ブル」売り48% 買い52%
英ポンド・円 :「ブル」売り35% 買い65%
豪ドル・円  :「ブル」売り20% 買い80%
NZドル・円  :「ブル」売り39% 買い61%

【今日の主な経済指標】
16:45 FRF 消費者信頼感指数 3月
21:30 USD 耐久財受注[前月比] 2月
21:30 USD 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 2月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 1月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 1月
23:00 USD 新築住宅販売件数[年率換算件数] 2月
23:00 USD 新築住宅販売件数[前月比] 2月
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 3月
23:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 3月


今日のトレードポイント


キプロスのデフォルトは回避されましたが、キプロス中銀は、キプロス国内の銀行の営業再開を27日に遅らせると発表するなど、キプロス国内の混乱が続くようなら、ユーロ離脱の思惑も再燃しかねないため、ユーロは上値が重い動きが予想されます。本日も、キプロスをめぐる要人発言には注意が必要となります。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 94.50-95.50  ユーロ・円 120.50-124.50  ポンド・円 142.20-145.00



★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」