2013/3/8 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、東京市場で日銀金融政策決定会合が開かれ資産買い入れ等の基金の据え置きが決定したものの、目新しい材料がなかったことで93円台後半を小動きしました。欧州市場では、米格付け会社S&Pがポルトガルの格付け見通しを引き上げたほか、欧州株式の株高を背景にリスク選好の動きが強まり94.25円付近まで上昇。NY市場に入っても、欧州理事会後にドラギECB総裁が記者会見で年内の欧州経済について徐々に回復するとの見解を示したことで、ユーロドルが大幅に上昇し、ドル円も連れて前日比+0.771円の94.855円まで上昇し取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、日銀金融政策決定会合後に白川日銀総裁が「円安・株高は競争力強化の取り組みなどデフレ脱却には良い方向」と発言したものの、為替への影響は限定的でユーロ円は122.00円付近を小動きしました。欧米市場では、欧州株式が上昇するなか、ドラギECB総裁が年内の欧州経済について楽観的な見方を示したことからユーロ全面高の展開となり、ユーロ円は前日比+2.216円の124.311円まで上昇し取引を終えました。

≪2013年3月7日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り48% 買い52%
ユーロ・円  :「ベア」売り70% 買い30%
ユーロ・ドル :「ベア」売り70% 買い30%
英ポンド・円 :「ブル」売り36% 買い64%
豪ドル・円  :「ブル」売り33% 買い67%
NZドル・円  :「ブル」売り46% 買い54%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 景気ウオッチャー調査-現状判断DI 2月
14:00 JPY 金融経済月報(基本的見解)
16:45 FRF 財政収支 1月
17:15 CHF 消費者物価指数(CPI)[前月比] 2月
20:00 DEM 鉱工業生産[前月比] 1月
22:15 CAD 住宅着工件数 2月
22:30 CAD 四半期労働生産性指数[前期比] 10-12月期
22:30 CAD 失業率 2月
22:30 CAD 新規雇用者数 2月
22:30 USD 非農業部門雇用者数変化[前月比] 2月
22:30 USD 失業率 2月
00:00 USD 卸売在庫[前月比] 1月


今日のトレードポイント


前日の為替市場は、ドラギECB総裁が年内の欧州経済について楽観的な見方を示したことから、欧州の財政問題の懸念の緩和や世界的な景気回復への期待感が高まりリスクオンとなりました。本日は米経済指標で雇用統計が予定されています。6日のADP雇用統計が強い結果になったことから、市場は雇用改善について期待感は強く予想を超える結果になれば97円台を試す展開も考えられそうです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 94.00-97.00  ユーロ・円 122.50-126.50  ポンド・円 141.50-145.00



★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」