2013/2/19 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議において円安批判が回避されたことを受けて午前中に94.213円まで上昇しましたが、その後はポジション調整の売りから伸び悩む展開となりました。欧州市場では、東京市場における円売り・ドル買いが一巡し、94円を挟んでの小動きとなりました。NY市場では、米国が祝日ということもあり大きな値動きは無く、前日比では0.415円高い93.965円で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、円売り優勢となるなか、一時125.683円まで上昇する場面もありましたが、その後は上値が抑えられる格好となり125円半ばでの推移となりました。欧州市場では、特段目立った材料はなかったものの、アジア・欧州ソブリン系の買いを受けてユーロが上昇幅を広げ125.898円まで上値を伸ばしましたが、ドラギ総裁が「ユーロ圏経済、2013年早い時期は弱含むと予想」と発言したことを受け125円台前半まで下落。NY市場では、米国市場が祝日ということもあり動意に乏しい展開のまま125円台半ばでの推移となりました。前日比では0.475円高い125.447円で取引を終えました。


≪2013年2月18日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り31% 買い69%
ユーロ・円  :「ブル」売り43% 買い57%
ユーロ・ドル :「ベア」売り69% 買い31%
英ポンド・円 :「ブル」売り35% 買い65%
豪ドル・円  :「ブル」売り23% 買い77%
NZドル・円  :「スクエア」売り50% 買い50%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・改定値 12月
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・改定値 12月
19:00 EUR 建設支出[前月比] 12月
19:00 EUR 建設支出[前年同月比] 12月
19:00 EUR ZEW景況感調査 2月
19:00 DEM ZEW景況感調査(期待指数) 2月
22:30 CAD 対カナダ証券投資額 12月
22:30 CAD 卸売売上高[前月比] 12月
00:00 USD NAHB住宅市場指数 2月
06:45 NZD 四半期卸売物価指数(PPI)[前期比] 10-12月期


今日のトレードポイント


日銀金融政策決定会合議事要旨(1月21・22日開催分)が公表されるため、物価目標2%の数値に対して反対意見を述べた政策委員がいたのかどうかを含めこの内容には注意が必要となります。NY市場は18日が祝日により休場だったためNY勢の動向に注意が必要です。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 92.80-95.30  ユーロ・円 124.00-127.30  ポンド・円 143.00-147.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」