2013/1/28 トレイダーズ証券「みんなのFX」

先週金曜日のドル円は序盤、日銀の緩和政策を背景とした円売りが散発的に入り90.801円付近まで上昇しました。欧州市場では、独IFO企業景況感指数が104.2と市場予想の103.0を上回ったことから、リスク選好的な円売りから90.90円付近まで堅調に推移。その後のNY市場でも目立った取引材料のないなか、円安が進み一時91.192円まで上昇し、90.935円(前日比:+0.528)で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、ドル円と同様に日銀の金融緩和期待から円安が進行し121.30円付近まで上昇しました。欧米市場では、強い独経済指標を受けて、欧州信用不安が後退したことでリスク選好のユーロ買い円売りが優勢となり122.773円まで強含む展開に。引けにかけて、利益確定の売りや週末のポジション調整が入り上昇幅を削ったものの、前日比:+1.441円高い122.388円で取引を終えました。
    
≪2013年1月25日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り39% 買い61%
ユーロ・円  :「ベア」売り67% 買い33%
ユーロ・ドル :「ベア」売り84% 買い16%
英ポンド・円 :「ブル」売り48% 買い52%
豪ドル・円  :「ブル」売り33% 買い67%
NZドル・円  :「ベア」売り52% 買い48%

【今日の主な経済指標】
16:00 DEM 輸入物価指数[前年同月比] 12月
16:00 DEM 輸入物価指数[前月比] 12月
18:00 EUR マネーサプライM3[前年同月比] 12月
22:30 USD 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 12月
22:30 USD 耐久財受注[前月比] 12月
00:00 USD 住宅販売保留指数[前月比] 12月
06:45 NZD 貿易収支 12月


今日のトレードポイント


先週の為替市場は、日銀会合での金融緩和継続と政府日銀での政策協定が発表され、円安が大幅に進みました。今週も要人発言をきっかけとした円安基調の相場が展開されそうです。ただ、週末にかけて米連邦公開市場委員会(FOMC)や米雇用統計などの複数の米重要イベントが控えており、だんだんと市場の注目は米経済に向くことが想定されるため、円安の動きも限定的になるかもしれません。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 89.00-92.00  ユーロ・円 121.00-124.50  ポンド・円 142.00-145.00


★100万円の資金を1億円まで増やした主婦トレーダーがセミナーに登場!(1月30日開催)★


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」