2013/1/9 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、麻生太郎財務相が「外貨準備を活用して欧州のESM債を購入」と発言したことを受けて87.808円まで急伸したものの、午後に入り日経平均が下げ幅を拡大したことが嫌気され87.35円付近まで反落しました。欧米市場では、NYダウの下落をきっかけに、年末からの行き過ぎた円安の動きを調整する展開となり前日比-0.763円の87.019円まで下押して取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、麻生太郎財務相の発言をきっかけにユーロ買いが強まり115.237円まで急騰しました。しかしその後、日経平均の下げ幅拡大が重しとなり上値が抑えられました。欧州市場では、手掛かり不足から方向感に欠き114.60円付近での静かな取引になりました。NY市場では、仏政府が格付け会社から格下げ通知を受け取ったとの噂が流れたほか、NYダウの軟調推移も売り材料となり前日比-1.312円の113.825円まで下落し取引を終えました。

≪2013年1月8日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り21% 買い79%
ユーロ・円  :「ブル」売り42% 買い58%
ユーロ・ドル :「ベア」売り72% 買い28%
英ポンド・円 :「ブル」売り38% 買い62%
豪ドル・円  :「ブル」売り26% 買い74%
NZドル・円  :「ベア」売り54% 買い46%

【今日の主な経済指標】
18:30 GBP 貿易収支 11月
20:00 DEM 鉱工業生産[前月比] 11月
21:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
22:15 CAD 住宅着工件数 12月
06:45 NZD 貿易収支 11月


今日のトレードポイント


前日の為替市場は、昨年末から続いていた円安の動きに対して持ち高調整が入り円全面高の展開になりました。NYダウの軟調推移をきっかけに調整が入っており、本日も株式の値動き動向には注意が必要になりそうです。その他では、前日に続き本邦の要人発言が意識されていることから、発言による突発的な動きに対してリスク管理をしっかりとしておきたいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 86.00-87.50  ユーロ・円 112.00-114.50  ポンド・円 138.00-141.00


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」