2013/1/4 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、米下院での財政法案可決を受けて材料出尽くし感と、本日も本邦勢が不在の中で87.36円近辺まで上昇したあとは87.09円近辺まで反落。欧州市場では、利益確定の売りに押され87円前半で推移していましたが、一時86.89円近辺まで下落。NY市場では12月ADP全米雇用報告が市場予想を上回ったことを受け87.30円近辺まで買い戻されましたが、新規失業保険申請件数が予想より弱い内容となったことが相場の重しとなり前日比0.051円安い87.201円で取引を終えました。

ユーロ円は、米下院での財政法案可決にともなう大幅上昇の反動もあり、114.48円近辺まで軟化しました。欧州市場では、独12月失業者数が+3000人と市場予想+1万人より良い結果ではありましたが、依然ユーロ圏経済に対する不透明感から、一時114.70円近辺まで持ち直したが次第に上値が重くなり113.80円近辺まで反落。NY市場では、欧州時間から進んでいたユーロ売りも一服し模様眺めの展開となり、前日比1.209円安い113.823円で取引を終えました。


≪2013年1月3日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り33% 買い67%
ユーロ・円  :「ブル」売り45% 買い55%
ユーロ・ドル :「ベア」売り56% 買い44%
英ポンド・円 :「ブル」売り39% 買い61%
豪ドル・円  :「ブル」売り34% 買い66%
NZドル・円  :「ブル」売り42% 買い58%

【今日の主な経済指標】
16:00 DEM 小売売上高指数[前月比] 11月
16:00 DEM 小売売上高指数[前年同月比] 11月
18:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 12月
18:30 GBP 消費者信用残高 11月
18:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 11月
18:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 11月
18:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 12月
19:00 EUR 消費者物価指数(HICP、速報値)[前年同月比] 12月
22:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 11月
22:30 CAD 原料価格指数[前月比] 11月
22:30 USD 非農業部門雇用者数変化[前月比] 12月
22:30 USD 失業率 12月
22:30 CAD 新規雇用者数 12月
22:30 CAD 失業率 12月


今日のトレードポイント


昨日は、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が公表されその後は、ドル買いの流れで推移しました。本日より休場明けの本邦勢が続くのか注目されます。また、本日は米12月の雇用統計が控えており、積極的な取引が手控えられ様子見となることが予想されます。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 86.00-87.50  ユーロ・円 113.00-114.50  ポンド・円 140.00-141.50


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」