2012/12/13 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、北朝鮮のミサイル発射報道を受けて円売りが強まるなか、日経平均の株高に伴う、リスク選好的な円売りも加わり82.90円付近まで上昇しました。しかし、欧州市場に入ると、83.00円に設定されているバリアオプションの防戦売りが厚く停滞。NY市場では、仕掛け的な円売りが入りバリアオプションを突破したことから、83.20円付近まで急伸しました。引けにかけて、米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が公表され「ツイストオペ終了後に米長期国債を月間450億ドル購入する」とし予想通りの規模ながらも、ドル円は底堅く推移し前日比+0.701円の83.243円で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、ドル円と同様に北朝鮮のミサイル発射報道を受けた円売りから、107.65円付近まで緩やかに上昇しました。欧州市場では、米連邦準備理事会(FRB)が金融緩和を強化するとの見方から対ドルでのユーロ買いが強まり108.20円付近まで強含み。NY市場に入っても、NYダウの上昇に伴う、リスク選好的なユーロ買い円売りから109.033円まで上昇し前日比+1.477円の108.823円で取引を終えました。

≪2012年12月12日クローズ時点≫
ドル・円   :「ベア」売り53% 買い47%
ユーロ・円  :「ベア」売り72% 買い28%
ユーロ・ドル :「ベア」売り75% 買い25%
英ポンド・円 :「ベア」売り65% 買い35%
豪ドル・円  :「ブル」売り44% 買い56%
NZドル・円  :「ベア」売り68% 買い32%

【今日の主な経済指標】
17:15 CHF 生産者輸入価格[前月比] 11月
17:30 CHF スイス国立銀行3カ月物銀行間取引金利誘導目標中心値
18:00 EUR 欧州中央銀行(ECB)月報
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前月比] 11月
18:30 ZAR 卸売物価指数(PPI)[前年同月比] 11月
22:30 CAD 四半期設備稼働率 7-9月期
22:30 CAD 新築住宅価格指数[前月比] 10月
22:30 USD 卸売物価指数(PPI)[前月比] 11月
22:30 USD 卸売物価指数(PPIコア指数、食品・エネルギー除く)[前月比] 11月
22:30 USD 小売売上高[前月比] 11月
22:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
00:00 USD 企業在庫[前月比] 10月


今日のトレードポイント


前日のユーロ円は、北朝鮮によるミサイル発射や米連邦公開市場委員会(FOMC)の動向を巡りユーロ買い円売りが断続的に入り、ユーロ円は2012年4月以来となる109円台まで大幅上昇しました。本日は複数の米経済指標を控えていることから、強い内容となればリスク選好のユーロ買いから上値を伸ばす可能性がありそうです。もっとも、急ピッチな上昇に対する反動や利益確定の売りも想定されるため、ポジションの傾け過ぎには注意したいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 82.00-84.00  ユーロ・円 107.50-109.50  ポンド・円 133.00-136.00


★期間限定!米ドル円のスプレッドを0.3銭に!★


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」