2012/10/23 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、先週末の流れを引き継ぎリスク回避の円買いが先行しましたが、買い一巡後は白川日銀総裁の「今後とも間断なく金融緩和を進めていく」との発言が30日の金融政策会合での追加緩和を意識させ、また貿易収支が3ヵ月連続で赤字となったことでドル買い・円売りが優勢となり79.34円近辺まで上昇幅を広げました。欧州市場では、貿易収支の悪化や月末の金融政策会合での追加緩和への思惑からの円売り地合いが一服し、7月12日以来の高値79.88円近辺まで上昇後は伸び悩みました。NY市場では、一時79.97円近辺まで上昇しましたが80円台には届かずも堅調な推移に。各通貨でドルが買い戻されたことが下値を支え79.949円(前日比+0.686)で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、先週末の流れを引き継ぎリスク回避の円買いが優勢となり、103.13円近辺まで下落しました。欧州市場では、ユーロの対ドル・対ポンドの下落が重しとなり上値を伸ばせない状況となっていましたが、ユーロドルが急激に戻りを試したことを受けて104.46円近辺まで上昇。NY市場では、売り先行で始まった米国株式が一時プラスへと持ち直した際に上値を拡大させる場面もありましたが、再び株価が下げに転じると一時的に強まったユーロ買いも上げ幅を縮小させつつも下値は堅く104.406(前日比+1.156)で取引を終えました。

≪2012年10月22日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り37% 買い63%
ユーロ・円  :「ベア」売り70% 買い30%
ユーロ・ドル :「ベア」売り79% 買い21%
英ポンド・円 :「ブル」売り48% 買い52%
豪ドル・円  :「ブル」売り24% 買い76%
NZドル・円  :「ベア」売り62% 買い38%


【今日の主な経済指標】
14:00 SGD 消費者物価指数(CPI)[前年比] 9月
15:45 FRF 企業景況感指数 10月
21:30 CAD 小売売上高[前月比] 8月
21:30 CAD 小売売上高(除自動車)[前月比] 8月
22:00 CAD カナダ銀行 政策金利
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 10月
23:00 EUR 消費者信頼感(速報値) 10月

— 今日のトレードポイント —

月末の日銀金融政策会合での追加緩和への期待を維持する発言から、追加緩和の思惑を手掛かりにドル円は80円の大台を回復し、短期的には上値をどこまで伸ばせるかが注目となりそうです。また、上昇のスピードが速かったために利益確定の売りも予想され調整的な反落には注意したいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 79.50-80.20  ユーロ・円 103.00-105.00  ポンド・円 125.50-128.50

★期間限定!米ドル円のスプレッドを0.3銭に!★


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」