2012/10/09 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、東京市場が祝日で休場となり取引参加者が減少していたものの、中国株の軟調推移を受けリスク回避の円買いから78.50円付近まで軟化しました。欧州市場では、先週末に米失業率が大幅に改善したにも関わらず、欧州株式やGlobexのNYダウ先物が伸び悩んだことが嫌気され、ドル円は売りが先行し78.10円付近まで下落幅を拡大。NY市場に入っても、世界銀行が東アジア地域の2012年経済見通しを引き下げたことを受けて、リスク回避のドル買い円買いが入りもみ合いの展開となり前日比-0.385円の78.292円で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、東京市場の休場で方向感に欠く展開になっていましたが、中国株式の下落に伴って、リスク回避の動きから101.95円付近まで軟化しました。欧州市場では、主要な欧州株式が大幅に下落したことで、ユーロ売り円買いから101.121円まで弱含む展開に。ただNY市場では、売りが一巡し買い戻しが優勢になるなか、中尾武彦財務官が「円相場に関し断固たる措置をとる日本政府の方針に変わりはない」と述べたことがサポート材料となり前日比-0.996円の101.526円まで持ち直し取引を終えました。


≪2012年10月8日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り17% 買い83%
ユーロ・円  :「ベア」売り52% 買い48%
ユーロ・ドル :「ベア」売り73% 買い27%
英ポンド・円 :「ブル」売り31% 買い69%
豪ドル・円  :「ブル」売り 9% 買い91%
NZドル・円  :「ブル」売り40% 買い60%


【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 景気ウオッチャー調査-現状判断DI 9月
14:00 JPY 金融経済月報(基本的見解)
15:45 FRF 財政収支 8月
15:45 FRF 貿易収支 8月
17:30 GBP 鉱工業生産指数[前月比] 8月
17:30 GBP 製造業生産指数[前月比] 8月
17:30 GBP 貿易収支 8月
21:15 CAD 住宅着工件数 9月



今日のトレードポイント


日米が祝日で取引参加者が限られるなか、世界銀行が東アジア地域の2012年経済見通しを引き下げたほか、日米欧の株価がさえない展開になったことが嫌気され、リスク回避の動きが強まりました。本日は主な米経済指標が予定されていないことから、株価や欧州の債務問題をテーマに取引されそうです。株価では米アルミ大手アルコアの決算発表が控えており、結果を受けて株価が大きく反応する場合には注意したいです。一方、欧州では日本時間16時30分にドラギECB総裁の会見が予定されており、債務問題に関して弱気な発言はリスク回避の動きに繋がることから動向をしっかりと見極めたいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 77.50-79.50  ユーロ・円 100.50-103.00  ポンド・円 124.00-127.00


★期間限定!米ドル円のスプレッドを0.3銭に!★


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★


---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」