勝ち組トレーダーはいかにして有意義な情報を早く入手しているのか? その疑問に答えるべく、投資のプロたちが、こっそり使っている情報ツールを徹底調査した!


【FX メルマガ系】

メルマガをもとに1000万を稼いだ猛者も


世の中に溢れる有料のFX情報。そのほとんどがクズであることは論をまたないが、なかには宝が埋もれているのも事実。

「やっぱり、あのメルマガですよね。いろんなメルマガに目を通しましたが、信頼性は群を抜いている。読者のなかにはあのメルマガの指示通りに売買して1000万円以上儲けた人がいるらしいですよ……」

と耳打ちするのは投資ライターのT氏。〝あのメルマガ〞とは、ズバリ、西原宏一氏のメルマガだ。

「月4200円と有料ですが、その価値は充分。西原さんが実際に取引したり、あるいは『今日はここらへんで買って、決済はこのあたりで』といった戦略を教えてくれます。途中でニュースが出て戦略に変更があったときも、すぐに教えてくれる。このメルマガを読んでいると、どんな優れた売買シグナルやシストレよりも、有能な裁量トレーダーのほうが優れていることが実感できます」

売買シグナルやシストレの有料商材も多いが、相場環境によって実績が大きくブレがち。やはり人間の裁量が最強なのだ――と実感させてくれるメルマガか。

【右図 西原宏一のシンプルFXトレード】
月額4200円。西原氏の相場観や取引、戦略などが一日最大5通程度のペースで配信される。取引期間はデイトレ~スウィング程度


同じく有料メルマガで名前が上がったのはYEN蔵氏のもの。「前日の相場の概況や今日のポイントを丁寧にまとめてくれている」(トレーダー・三空氏)というのが理由だ。実はYEN蔵氏と西原氏はシティバンク時代の同僚。くしくも2人の名前が並ぶことになったが、タイムリーながら一日3〜5通の不定期配信の西原メルマガに対して、YEN蔵メルマガは毎朝配信。定時出勤のサラリーマンにはYEN蔵メルマガのほうがありがたいかもしれないが、お好みで選んでもらいたい!


【右図 YEN蔵の市場便り】
投資情報サイト「投資LAB.」への登録などで購読可能(会費2980円~)。毎朝配信され、日々のポイントや戦略がまとめられている




【FX 逆バリ系】

2ちゃんねるの市況2板が売買指標に!?


日本最大の掲示板である「2ちゃんねる」。FXに関する情報は「市況2」という板に集約されているが、なかでも「ドル円専用スレ」は「Part1万8944」に達する超人気スレであり、FXトレーダーのしゃべり場として常に賑わっている。でも、このくらいの知識は常識の範疇だろう。問題は「市況2の情報をいかに取引に役立てるか」だ。って、そんな情報、役に立つのか?

「儲ける方法は……言葉は悪いですが、『市場の肥やし』になっている人の逆を行くこと。自分の利益って結局は誰かの損失だったりもするので、みんなが困る方向=みんなが損する方向を行くのが儲ける近道なんですよね」(羊飼い氏)

なんだか性格悪く聞こえるが……要は「肥やし」になっている人たちの逆をいくこと。つまり、2ちゃん「『2ちゃんねる全
板・勢いランキング』というサイトを見れば、市況2板でどのスレが盛り上がっているか、どの通貨ペアに注目が集まっているのかがわかるんです」

【右図 2ちゃんねる全板・勢いランキング http://2ch-ranking.net/index.html?board-livemarket2
書き込みの多いスレを板ごとにランキング化している便利サイト。市況2内でどのスレが人気なのかがわかる。動きのある通貨ペアの専用スレは上位にきやすい


書き込みペースが速ければ、それだけ通貨ペアにも〝勢い〞があるってこと。「次に『FX2ch指標』を見ます。各通貨ペアの専用スレ内の発言から売りと買いを抽出して指標化してくれています。正直、精度はさほど高くないですけど……」

ここを見ると2ちゃんねらーは『ユーロ/米ドルをロングしているのが38.1%、ショートが61.9%』なんてことがわかってしまうのだ。ならば、ロングしてみるのが得策か? 「参考程度というか、ネタ半分ですけど」(羊飼い氏)というが、一部とはいえ投資家の心理を反映した情報であることは間違いなし。一見の価値アリだ!

【右図 FX 2ch指標 http://2chfx.net/
ドル円専用スレ、ユーロ円専用スレなどの専用スレ内の発言から売買比率を算出するサイト。市況2民を信じるなら順バリに使ってもいいが……




【FX ツイッター系】


スマホでも手軽に情報がとれるツイッターは、もはや投資家の必携ツール。FXに役立つ情報は?

「『zerohedge』は要注目。投資関連の情報サイトがもとになっているんですが、ツイッターでヘッドラインをチェックするだけでも非常に参考になります」(トレーダー・鷹鳩氏)



【右図 @zerohedge】
アメリカの経済情報サイト。記事の更新があるとヘッドラインがつぶやかれる。大手メディアと異なる独特な切り口の記事が多い



ツイッターならではのリアルタイム性を生かすならこの人を。

「小林芳彦さん。ポジションとか、いいのかなっていうくらい具体的につぶやいてくれる」(三空氏)



【右図 @JFXkobayashi】
元為替ディーラーで、FX会社の現役社長。ポジションや戦略を具体的につぶやいてくれるので取引をそのままコピーするのも可