2012/9/17 トレイダーズ証券「みんなのFX」

先週金曜日のドル円は、連休を前にして実質5・10日ということもあり仲値にかけては買いが先行し77.60円近辺まで上昇したものの買い一巡後は77.50円近辺まで押し戻される展開。欧州・NY市場では、昨日の米連邦公開市場委員会(FOMC)における追加緩和実施の決定を受けリスク回避の地合いが継続するなか、米株価指数の堅調さやミシガン大学消費者態度指数が79.2と市場予想の74.0を上回る好結果となり、米長期債利回りが1.892%まで上昇しさらに円売りが強まりました。じりじりと上昇する流れは変わらず前日比0.909円高い78.392円で取引を終えました。

ユーロ円は、QE3決定を受けリスク回避姿勢が後退しことやアジア株の上昇が後押しとなり7月2日以来となる101円台を回復。欧州・NY市場でもリスクオンの流れによるドル安地合いや対資源国通貨でのユーロの買い戻しを受けさらに上昇。そして、本日から開催されているEU27カ国財務省・中央銀行会合において、EU債務問題への次の対応策が決定されてるのではとの期待感も後押しとなり、前日比では2.261円高い102.904円と5月14日以来の高値圏で取引を終えました。


≪2012年9月14日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り14% 買い86%
ユーロ・円  :「ベア」売り65% 買い35%
ユーロ・ドル :「ベア」売り87% 買い13%
英ポンド・円 :「ブル」売り46% 買い54%
豪ドル・円  :「ブル」売り20% 買い80%
NZドル・円  :「ブル」売り49% 買い51%


【今日の主な経済指標】
17:00 EUR 経常収支 7月
18:00 EUR 貿易収支 7月
21:30 CAD 対カナダ証券投資額 7月
21:30 USD ニューヨーク連銀製造業景気指数 9月



今日のトレードポイント


FOMCをの結果を受けて市場はリスクオンとなっており、押し目買いの目線となりそうですが、17日は本邦祝日となっているため海外勢の動向が注目されます。また、NY市場ではニューヨーク連銀製造業景気指数が予定されているため注意が必要です。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 77.50-79.50  ユーロ・円 101.00-104.00  ポンド・円 125.50-129.00



★期間限定!米ドル円のスプレッドを0.3銭に!★


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」