2012/9/12 トレイダーズ証券「みんなのFX」

11日のドル円は、今週末に発表が予定されている米FOMCの内容を見極めたいとの思惑から様子見ムードが強く動意78.20円前後での推移となりました。欧州・NY市場では、格付け会社ムーディーズが米国債の格付けを現行のトリプルAから1段階引き下げるとの見通しを示したことで、ドルは全面的に売られ77.71円近辺まで下落。しかしその後は、週末に米FOMCの発表を控えていることから、更に下値を模索する展開とはならず前日比で0.525円安い77.740円で取引を終えました。

ユーロ円は、12日に独連邦憲法裁判所による欧州安定機構(ESM)違憲訴訟判断を控えていることから積極的な売買は見られず99円台後半での値動きとなりました。欧州市場では、ESMが合憲と判断されるとの期待が高まり一時100.241円まで高値を更新する場面も見られました。その後、対豪ドルや円などにおいてユーロの売り圧力が強まり99.52円近辺まで下落。売りが一巡すると再びユーロは買われ99円台後半まで下げ幅を縮小し、前日比では0.058円高い99.870円で取引を終えました。


≪2012年9月11日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り 8% 買い92%
ユーロ・円  :「ベア」売り57% 買い43%
ユーロ・ドル :「ベア」売り86% 買い14%
英ポンド・円 :「ブル」売り35% 買い65%
豪ドル・円  :「ブル」売り18% 買い82%
NZドル・円  :「ブル」売り46% 買い54%


【今日の主な経済指標】
14:30 FRF 消費者物価指数(CPI)[前月比] 8月
15:00 DEM 消費者物価指数(CPI、改定値)[前月比] 8月
15:45 FRF 経常収支 7月
17:30 GBP 失業保険申請件数 8月
17:30 GBP 失業率 8月
18:00 EUR 鉱工業生産[前月比] 7月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:30 USD 輸入物価指数[前月比] 8月
21:30 USD 輸出物価指数[前月比] 8月
23:00 USD 卸売在庫[前月比] 7月
06:00 NZD ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利



今日のトレードポイント


ドル円相場に関しては今週末に米FOMCを控えていることから様子見ムードの公算が強そうです。ユーロに関しては、本日予定されている欧州安定機構(ESM)違憲訴訟判断に注目が集まります。市場では独憲法裁判所は合憲と判断するとの見方が強まっていますが、判断の延期や合憲ではないとのネガティブニュースが流れればユーロの売り圧力が強まる可能性があるため、リスク管理には注意が必要です。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 76.00-79.00  ユーロ・円 98.00-101.00  ポンド・円 122.50-126.00



★期間限定!米ドル円のスプレッドを0.3銭に!★


★「みんなのバイナリー」デモ取引はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」