2012/7/24 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、東京市場でスペインのムルシア州が中央政府に支援を要請したことが報じられると、リスク回避の円買いが強まり一時77.945円まで下落しました。欧州市場では、リスク回避の巻き戻しの動きも見られたものの、欧州株式が軒並み下落する中で上値の重い展開になりました。NY市場では、NYダウが230ドル超の下げ幅を縮小した動きをきっかけに、買い戻しが優勢となり前日比-0.103円となる78.384円まで持ち直して取引を終えました。

ユーロ円は、先週末にスペインのバレンシア州が中央政府に支援要請したことに続きムルシア州も支援を求めたことから、欧州の債務危機が懸念されリスク回避の円買いから年初来安値を更新し94.233円まで下落しました。ただ欧州市場では、円買いが一巡し短期筋からショートカバーが入ると94.90円付近まで反発。NY市場に入っても、NYダウが下げ幅を縮小したことでショートカバーが継続し前日比-0.321円となる95.146円まで回復し取引を終えました。

≪2012年7月23日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り11% 買い89%
ユーロ・円  :「ブル」売り23% 買い77%
ユーロ・ドル :「ブル」売り31% 買い69%
英ポンド・円 :「ブル」売り23% 買い77%
豪ドル・円  :「ブル」売り16% 買い84%
NZドル・円  :「ブル」売り24% 買い76%

【今日の主な経済指標】
15:45 FRF 企業景況感指数 7月
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 7月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 7月
21:30 CAD 小売売上高[前月比] 5月
21:30 CAD 小売売上高(除自動車)[前月比] 5月
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 7月
23:00 USD 住宅価格指数[前月比] 5月



今日のトレードポイント


スペインの地方政府が中央政府に対し金融支援を要請するなど、リスクオフムードが強まっています。また、独シュピーゲル誌は「ギリシャの改革プログラムを再び軌道に乗せるため、24日にIMFの代表団がギリシャ政府と協議を再開する」と伝わっているものの、IMFがギリシャに対する融資実行を停止する可能性もあり現時点では中立スタンスで動向を見極めたいです。一方、ドルはNY時間にバーナンキFRB議長の発言が予定されており、米景気回復の鈍化を背景に金融緩和策について具体的な言及がなされるか注目したいです。今まで通り景気回復の動向を見極めてからとの慎重な見解示せば、緩和策期待の後退からドル売りが強まるかもしれません。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 77.00-79.50  ユーロ・円 93.50-96.50  ポンド・円 120.00-123.50


★18万口座突破記念キャンペーン 米ドル円のスプレッドを0.3銭に!★



★「みんなのバイナリー」デモ取引★
デモ取引はこちら⇒http://min-fx.jp/bo/




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」