今、原油がアツい! もちろん油を買えっていうわけではない。原油相場の話だ。
3か月で30%も下落した原油相場は77ドル台で反転攻勢。底打ち気配を強めているのだ。
一気に30%も下落したのだから、強烈な反発が起こるはず 原油相場で一発逆転を狙う方法を探った


◆3か月で30%安の原油が100ドルまで回復する!?

「こないだも原油で50万円くらい儲けちゃった」と自慢げに話すのは個人投資家のアンディ氏。FXや株で億を優に超える資産を築いた猛者だ。最近は値動きの荒い原油を手がけることも多いという。

「一番の魅力はなんといってもボラティリティ(変動率)の大きさでしょ。FXの2~3倍の値動きがあるからさ。おまけに値動きがわかりやすい。3月から下げっぱなしだったのが、ようやく底打ちして上昇基調にある。これに乗らない手はないよ」(アンディ氏)

確かに指標となるWTI原油先物価格は今年3月に110ドルの高値を記録してから77ドル台まで、3か月で30%以上も急落した。30%っていったら、ドル円なら100円から70円まで下がるようなもんだから、衝撃は大きい。当然、その反発も大きいと期待できるわけ。老舗コモディティブロガーである「11年目の投機家」氏もアンディ氏同様、原油相場は上昇基調にあると見ている。

「注目してほしいのは一目均衡表の『基準線』です。ローソクがこの基準線を明確に越えてくると、一般に上昇相場に転換するサインと考えます。日足で見ても、大きく上抜けていますから、しばらく上昇トレンドが続く可能性が高いでしょう」(11年目氏)

⇒【一目均衡表】はこちら
11年目氏が着目する基準線をローソク足は上抜けするなど、上昇の気配が濃厚になってきた
11年目氏が着目する基準線をローソク足は上抜けするなど、上昇の気配が濃厚になってきた


基準線は一目均衡表を構成する要素のひとつで、「過去26日間の高値と安値の平均」だ。

「あとは転換線が基準線を上回ってゴールデンクロスすると理想的。いったん落ちてきたところを押し目買いする方針でいいと思います。ただ、このまま高値を更新するわけではなく、95ドルが目安。ユーロ危機が尾を引き、現物の原油に対する需要が落ち込んでいるため、大きく上昇するほどの勢いはありません。景気の先行きが不透明なアメリカも原油相場が高騰したら対策を打ってくるでしょう。OPEC(石油輸出国機構)が理想とする原油価格は95ドル程度と言われているので、当面は80~100ドルの間での値動きになるのでは、と予想しています。仮に80ドルを割っても70ドルくらいで下げ止まりそう」(同)

上が100ドルなら、まだ10ドル以上の上値余地ありだが、問題は投資手段。どうやって原油を買うべき?

【後編】に続く⇒

【アンディ氏】
http://ichimoku119.blog15.fc2.com/
FXや株、商品先物、CFDを駆使するスーパートレーダー。投資で築いた資産は2億円超。得意技は「もぐらトレード」

【11年目の投機家】
http://blog.livedoor.jp/supermoney/
某商品先物会社勤務。コモディティ投資の必読テキストとして高い人気。セミナーなども開催する。原油初心者はここから

― 原油相場に異変あり底値反転で一発逆転を狙え!【1】 ―