社会保障の充実のために、消費税アップはやむなしとする政治家たち。彼らの意思で、消費税増税法案が衆議院を通過。しかし、本当にこれが最善策なのだろうか? 今もっとも愚かな行為、消費税増税の実態に迫った!!

◆財務省と政治家が痛みを伴わない増税の大欺瞞に気づくべき



ついに、消費税増税法案が衆議院を通過。このままいくと日本は大不況に突入します。

私は、現時点では消費税を上げずとも国債の95%を国内で消化している日本は十分にやっていける、と再々指摘してきました。本当に将来の社会保障に使われるのなら別に増税自体に反論はしません。

問題は、なぜ逆進性が強く、特に若い子育て世代に負担の多い消費税なのか、という点が全く議論されてないことです。考えてもみてください。ぐっちーは今年で52歳になります。この年になると消費自体、せいぜい夜の焼酎とか、キャバクラに支払うくらいで、食べる量も格段に減ります。一方、若年層はそれこそ住宅費から始まり、食費、子供がいればさらに教育費がかかる。これにすべて消費税が10%かかるのです。消費税増税は子育て世代を直撃します。更に私が新入社員だった’80年代前半はそれでも終身雇用のある時代でしたから、いざとなれば借金をして、最後は退職金で相殺する、なんてことができました。多少の負担は先延ばしにできましたが、そんなこと、今は無理ですよね。

ということは根本的に消費税で正しいかどうか、なぜ所得税増税ではないのかということが議論されなければなりません。

⇒【後編】へ続く

消費増税は「金持ちの年寄り」優遇策だ!!

現役金融マンぐっちーさん【選者】現役金融マン ぐっちーさん

ウォール街で20年生きてきたノウハウをブログに執筆し、いち早くサブプライムローン問題に警鐘を鳴らしていたアルファブロガー。金融と経済を中心としたオピニオンブログ「THE GUCCI POST」(http://guccipost.jp/)を主宰している

― 財務省と政治家が痛みを伴わない増税の大欺瞞に気づくべき【1】 ―