2012/7/09 トレイダーズ証券「みんなのFX」

東京市場のドル円は、仲値需要に向けたドル買い・円売りに加え日銀の追加緩和期待から80円台に乗せる場面も見られましたが、米雇用統計を控え同意薄の値動きとなりました。NY市場で米労働省が発表した米雇用統計において、失業率は前月と変わらず横ばいとなりましたが8.2%と依然高水準。そして、米非農業部門雇用者数と米民間部門雇用者数が共に市場予想(予想:9.5万人 結果:8万人)を下回り米雇用回復の鈍化が示される結果となりました。これを受けドルは売られ79.55円近辺まで下落したものの、売りが一巡すると利益確定の買い戻しにより下げ幅を縮小し、前日比0.248円安い79.659円で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、昨日の欧州中央銀行(ECB)理事会での利下げの影響もあり99円を挟んだ値動きに終始。米雇用統計の発表を控えていることから様子見ムードが強まりました。欧州市場でも動意が薄いながら依然上値の重い展開が継続。しかし米雇用統計が市場予想を下回ると、リスク回避の円買いが強まり98円を割り込む展開となりました。また、スペイン10年債の利回りが7%を突破したことでユーロ圏の信用不安が再燃し、投資家のリスク回避姿勢が高まり97.70円近辺まで下落。引けにかけては下げ幅を縮小し、前日比1.112円安い97.902円で取引を終えました。


≪2012年7月6日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り19% 買い81%
ユーロ・円  :「ブル」売り18% 買い82%
ユーロ・ドル :「ブル」売り11% 買い89%
英ポンド・円 :「ブル」売り22% 買い78%
豪ドル・円  :「ブル」売り17% 買い83%
NZドル・円  :「ブル」売り34% 買い66%

【今日の主な経済指標】
08:50 JPY 機械受注[前月比] 5月
08:50 JPY 国際収支・経常収支 5月
08:50 JPY 国際収支・貿易収支 5月
14:00 JPY 景気ウオッチャー調査-現状判断DI 6月
14:45 CHF 失業率 6月
15:00 DEM 経常収支 5月
15:00 DEM 貿易収支 5月


今日のトレードポイント


9日のユーロ圏財務相会合に注目が集まります。この財務相会合で、スペインの銀行部門を支援する結論は20日に延期される可能性が高まっています。スペイン10年債利回りが再び7%近辺に上昇するなどユーロ圏を取り巻く環境は悪化しているため、リスク回避姿勢が高まればユーロ円の97円割れも視野に入るのではないでしょうか。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 78.00-81.00  ユーロ・円 96.50-99.00  ポンド・円 122.00-125.00




★「みんなのバイナリー」デモ取引★
デモ取引はこちら⇒http://min-fx.jp/bo/



---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」