2012/7/4 トレイダーズ証券「みんなのFX」

東京市場のドル円は朝方から海外短期投機筋中心にショートカバーが先行し買われる展開となりました。5月豪建設許可件数が市場予想を大きく上回ると豪ドル円が上昇し、これにつられるかたちとなりドル円は79.835円まで上昇しました。欧州市場に入ると材料に乏しい上、明日の米国株式市場が独立記念日ということもありドル円は79.80円近辺でもみ合う展開となりました。しかし、米5月製造業受注指数の市場予想を上回る結果を受け、米長期債利回りが上昇するなどリスク選好ムードが広がりドル円は本日の高値79.928円まで上昇しました。NY市場では、株式市場が短縮取引ということもあり明確な方向性は見られない値動となり前日比0.324円高い79.821円で取引を終えました。

東京市場のユーロ円は、前日に報じられた「オランダなどが欧州安定機構(ESM)を通じた国債購入に反対している」ことを受け下落して取引を開始。その後、豪州の経済指標が好調だったことからリスク回避姿勢が後退しました。これを受けユーロ円はじりじりと値を上げ100.706円まで上昇。欧州市場では、欧州中央銀行(ECB)理事会を前に追加緩和観測が高まり一時下落する場面も見られましたが、その後は市場予想を上回った米5月製造業受注指数の好結果やスペイン2年債の利回りが低下したことが好感されユーロ買いが強まりました。NY市場に入っても、ユーロ買いの流れは続き100.831円まで上昇。その後は利益確定の売りに押され前日比0.630円高い100.636円まで値を崩し取引を終えました。

≪2012年7月3日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り27% 買い73%
ユーロ・円  :「ブル」売り47% 買い53%
ユーロ・ドル :「ベア」売り56% 買い44%
英ポンド・円 :「ブル」売り40% 買い60%
豪ドル・円  :「ブル」売り28% 買い72%
NZドル・円  :「ブル」売り49% 買い51%

【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 小売売上高[前月比] 5月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、改定値) 6月
17:30 GBP サービス部門購買担当者景気指数(PMI) 6月
18:00 EUR 小売売上高[前月比] 5月
18:00 EUR 小売売上高[前年同月比] 5月


今日のトレードポイント


本日は米国株式市場が独立記念日のため休日となることや5日には欧州中央銀行(ECB)理事会を控えていることから薄商いが予想され、明確な方向感は出にくいと思われます。しかしその一方で、今月2日にもオランダ、フィンランドが欧州安定機構(ESM)による国債購入に反対した報道が伝わっていることから、ユーロ圏の財政問題関連のヘッドラインや要人発言には注意が必要となります。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 78.50-80.50  ユーロ・円 99.50-101.50  ポンド・円 124.50-126.50



★「みんなのバイナリー」デモ取引★
デモ取引はこちら⇒http://min-fx.jp/bo/



---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」