2012/5/30 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、仲値に向けたドル買い需要が意識されるなか、対欧州・資源国通貨でドル買いが優勢となり79.637円まで上昇したが、前日高値を目前に頭打ちとなり反落、その後は79円台半ばを中心に揉み合いの展開となった。注目されていたケース・シラー米住宅価格指数は、ほぼ市場予想通りの結果となり影響は限定的、欧米株価の変動に連れて上下に値は振れるものの明確な方向感は無く、前日と同水準となる79.492円で取引を終えた。

ユーロ円は、東京市場では堅調な動きとなり99.937円まで値を伸ばしたが、欧州勢参入後は次第に値を崩す展開となった。NY市場に入り、米格付け会社イーガン・ジョーンズ・レーティングスがスペインの格付けを「BB-」から「B」に引き下げたことを嫌気してユーロ売りとなり、ユーロドルが25日安値1.24959ドルを下抜けると売りが加速、ユーロ円は連れる形で急落し98.933円まで値を崩した。その後、NYダウが買い戻されたことでリスク回避の売りが一服、急ピッチで下落した反動による買い戻しも入り99.287円で取引を終えた。

≪2012年5月29日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り15% 買い85%
ユーロ・円  :「ブル」売り26% 買い74%
ユーロ・ドル :「ベア」売り23% 買い77%
英ポンド・円 :「ブル」売り22% 買い78%
豪ドル・円  :「ブル」売り12% 買い88%
NZドル・円  :「ブル」売り35% 買い65%

【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 小売売上高[前月比] 4月
15:00 ZAR マネーサプライM3[前年同月比] 4月
16:00 CHF KOF景気先行指数 5月
17:00 EUR マネーサプライM3[前年同月比] 4月
17:30 GBP 消費者信用残高 4月
17:30 GBP マネーサプライM4[前月比] 4月
17:30 GBP マネーサプライM4[前年同月比] 4月
18:00 EUR 消費者信頼感(確定値) 5月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:30 CAD 鉱工業製品価格[前月比] 4月
21:30 CAD 原料価格指数[前月比] 4月
23:00 USD 住宅販売保留指数[前月比] 4月


今日のトレードポイント


欧米共に複数の経済指標発表を予定しているが、31日にADP雇用統計、1日に雇用統計といったビッグイベントを控えているため様子見ムードが強まることが予想される。ただし、ギリシャ・スペイン等、欧州債務不安は常に意識される状態であることに変わりはないため、突発的な要人発言には注意が必要となろう。

[今日の予想レンジ]
ドル・円 79.00-80.00  ユーロ・円 98.50-.100.50  ポンド・円 123.50-125.50



★「みんなのバイナリー」デモ取引★
デモ取引はこちら⇒http://min-fx.jp/bo/




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」