2012/5/29 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、月末の国内輸出企業によるドル売りなどに押されて下落、東京時間中にこの日の安値となる79.335円をマークした。ロンドン時間では手掛かり材料に欠け揉み合いの展開となったが、対ユーロでドル買いが強まると連れ高となり、79.511円まで反発。その後は米国がメモリアルデーで市場参加者が減少していることを背景に取引が手控えられ、同水準の79.466円で取引を終えた。

ユーロは、26日に実施されたギリシャの世論調査で、緊縮派の支持率が緊縮策撤廃を主張する急進左派連合(SYRIZA)を上回ったと報じられたことから、ギリシャのユーロ離脱懸念が後退する形で買いが先行し、前週末比40銭超の窓を開けたオープンとなった。しかし、スペインのラホイ首相が「同国の資金調達が困難になっている」との認識を示したことや、スペインとドイツ10年物国債の利回りスプレッドがユーロ導入以来最大に拡大したことに反応してユーロ売りが優勢となり99.506円まで下落。米国時間に入っても反発するきっかけもなく安値水準で推移し99.657円で取引を終えた。

≪2012年5月28日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り24% 買い76%
ユーロ・円  :「ブル」売り29% 買い71%
ユーロ・ドル :「ベア」売り29% 買い71%
英ポンド・円 :「ブル」売り25% 買い75%
豪ドル・円  :「ブル」売り15% 買い85%
NZドル・円  :「ブル」売り43% 買い57%

【今日の主な経済指標】
08:30 JPY 失業率 4月
08:30 JPY 有効求人倍率 4月
08:30 JPY 全世帯家計調査・消費支出[前年同月比] 4月
08:50 JPY 小売業販売額[前年同月比] 4月
08:50 JPY 大型小売店(既存店)販売額[前年同月比] 4月
15:00 DEM 輸入物価指数[前月比] 4月
15:00 DEM 輸入物価指数[前年同月比] 4月
18:30 ZAR 四半期国内総生産(GDP)[前期比年率] 1-3月期
18:30 ZAR 四半期国内総生産(GDP)[前年同期比] 1-3月期
21:00 DEM 消費者物価指数(CPI、速報値)[前月比] 5月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 3月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 3月
23:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 5月


今日のトレードポイント


週末に米雇用統計を控えているため、積極的な取引は手控えられる事が予想されるものの、米国時間に発表予定のケース・シラー米住宅価格指数が注目されている。先週発表された米中古住宅販売件数が景気回復の兆しを示す好結果だったことから、本日の結果が上振れした場合はドル買いが強まる展開も想定しておきたい。


[今日の予想レンジ]

ドル・円 79.20-80.00  ユーロ・円 98.50-.100.80  ポンド・円 123.50-125.50




★「みんなのバイナリー」デモ取引★
デモ取引はこちら⇒http://min-fx.jp/bo/



★5/29(火)開催! 池田ゆい氏のオンラインセミナー★
セミナー情報・詳細はこちら⇒http://min-fx.jp/seminar/fxseminar/




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」