FXでのイタい経験から、eワラントでコツコツ堅実投資



ばばとゆかいないのきたち氏がeワラントを始めたのは2011年5月。

「その前に3か月ほどFXをやったのですが、うまく損切りができず30 万円の資金があっという間にゼロになり……。そこで、FXよりも少額で手堅く投資できそうなeワラントに乗り換えました」

また、大型株や株価指数、為替など、さまざまな銘柄に投資できるのも、魅力だったようだ。

主な取引銘柄は、「値動きが一番わかりやすい」日経平均ワラント。

「22時〜22時50分に円相場とNYダウの動きを見て、日経平均の下げ材料となる円高やダウ安なら、素直に順張りで日経平均ワラントのプットを、逆の場合はコールを仕込みます。逆張りはしません」。

FXでは、あれこれ考えすぎて相場を読み間違えることが多かったので、シンプルに順張りで攻めることに専念している。

1回の売買金額は1銘柄当たり2万〜3万円。いくら上がれば売るという目標は設けていないが、「1日で利益が出れば確定して、次の投資のことを考えます。逆に、日経平均の午前と午後の終値を見て、予想に反して動いているようならすぐに損切りします」とあくまで慎重だ。 

ただ、日経平均が大幅続落したときなど、下降トレンドが明確なら、プットで含み損が生じても損切りは我慢。手堅いこの方法で、10戦7勝前後の成績を実現。

「1回当たりの利益は決して大きくありませんが、2万円の元手を3か月で7万円に増やすことができました」




ばばとゆかいないのきたちさん(投資歴6か月・eワラント歴3か月)
「挑戦!eワラント」