2012/5/09 トレイダーズ証券「みんなのFX」


昨日のドル円は序盤、仲値にかけてドル買いが強まり80.078円まで強含む展開となったものの、弱い豪貿易収支を受けてリスク回避の動きとなり79.90円付近まで小幅に軟化しました。欧州市場では、ギリシャ急進左派連合党首が「ギリシャ救済条件に対する制約は無効」「野蛮な救済に反対」との発言が伝わると、ギリシャの政局不安を受けてユーロ売りが強まり一時79.713円まで下押しに。ただ、NY市場ではNYダウが軟調に推移するなど、リスク回避が一段と強まった結果、安全資産としてドルと円が同時に売買されたことから、79円台後半での膠着相場となり79.840円(前日比:-0.057)で取引を終えました。

ユーロ円は序盤、目立った取引材料がなく、ほぼ横ばい推移となる104.30円付近での取引となりました。欧州市場に入ると、欧州株式が下落幅を広げたことをきっかけにリスク回避からのユーロ売りが強まり103.75円付近まで軟化しました。NY市場では、ギリシャの政局不安を背景に欧州債務危機の懸念から欧米株式が大幅に下落するなか、ユーロ円も103.533円まで弱含み前日比-0.448円となる103.828円で取引を終えました。

≪2012年5月7日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り15% 買い85%
ユーロ・円  :「ブル」売り42% 買い58%
ユーロ・ドル :「ベア」売り55% 買い45%
英ポンド・円 :「ブル」売り36% 買い64%
豪ドル・円  :「ブル」売り10% 買い90%
NZドル・円  :「ブル」売り25% 買い75%

【今日の主な経済指標】
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・速報値 3月
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・速報値 3月
15:00 DEM 経常収支 3月
15:00 DEM 貿易収支 3月
15:45 FRF 貿易収支 3月
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
23:00 USD 卸売在庫[前月比] 3月


今日のトレードポイント


ドル円は、4日の米雇用統計の弱い結果を背景に投資家のセンチメントが悪化しているほか、ギリシャの政局不安も重なりリスク回避から円買いの動きが強まっています。積極的に買い進むには材料が乏しいことから、短期的には上値の重い展開になりそうです。また、本日の米経済指標はMBA住宅ローン申請指数、卸売在庫が控えているものの、市場予想から大幅に振れない限り、欧州関連の材料を主導に展開を見極めたいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 79.00-81.00  ユーロ・円 102.50-105.00  ポンド・円 127.50-130.00



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」