2012/4/25 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、日経平均や主要アジア株式の下落を受けて、リスク回避の動きが強まり80.860円まで軟化しました。その後、欧州市場に入ると、日銀関係筋の話として「資産買い入れ枠を5兆円から10兆円拡大することや、購入債券の償還年限を2年から3年に延ばす可能性がある」と伝わると、リスク回避の巻き戻しから81.25円付近まで反発。NY市場では、予想より強い米新築住宅販売件数の結果を受け、リスク選好ムードが高まるなか、米長期金利の上昇をきっかけに上値を伸ばし81.381円(前日比:+0.225)で取引を終えました。

ユーロ円は序盤、主要アジア株式の軟調推移を受けて、リスク回避の円買いから106.314円まで軟化しました。欧州市場に入ると、一部通信社が「日銀が資産買い入れ枠を5兆円から10兆円拡大する可能性がある」と報じると、リスク回避の動きが後退したほか、欧州株式が堅調地合いになったことでリスク選好のユーロ買いも入り107.10円付近まで上昇。NY市場では、オランダやスペインの国債入札が順調に消化されたことで、ユーロの財政問題の懸念が緩和したことにより、ユーロ買い圧力が増し前日比+0.577となる107.362円まで強含み取引を終えました。

≪2012年4月24日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り20% 買い80%
ユーロ・円  :「ベア」売り52% 買い48%
ユーロ・ドル :「ベア」売り74% 買い26%
英ポンド・円 :「ブル」売り46% 買い54%
豪ドル・円  :「ブル」売り17% 買い83%
NZドル・円  :「ブル」売り38% 買い62%

【今日の主な経済指標】
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前期比] 1-3月期
17:30 GBP 四半期国内総生産(GDP、速報値)[前年同期比] 1-3月期
20:00 USD MBA住宅ローン申請指数[前週比]
21:30 USD 耐久財受注[前月比] 3月
21:30 USD 耐久財受注・輸送用機器除く[前月比] 3月
01:30 USD 米連邦公開市場委員会(FOMC)、終了後政策金利発表
06:00 NZD ニュージーランド準備銀行(RBNZ、NZ中央銀行)政策金利


今日のトレードポイント


日銀の関係筋が「資産買い入れ枠を5兆円から10兆円拡大することや、購入債券の償還年限を2年から3年に延ばす可能性がある」と述べるなど、27日の金融政策決定会合において追加金融緩和が示唆したことにより円売りが優勢になっています。本日は円売り地合いのなか、米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表に注目が集まりそうです。前回の米雇用統計が市場予想から大幅に悪化していることから、米景気に対する今後の見通しについて厳しい意見が出るのではとの見方もあり、リスク回避から下値への警戒感を高めておきたいです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 80.50-82.50  ユーロ・円 105.50-108.50  ポンド・円 129.00-132.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」