2012/4/24 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は序盤、フランスの大統領選挙でサルコジ大統領の苦戦が伝わると、リスク回避の動きから81.25円付近まで軟化しました。欧州市場に入っても、欧州株式が全面安になるなど、リスク回避目的の円買いが進行し80円台割れに。ただ、NY市場では、リスク回避からNYダウや商品市況で売りが強まると、安全資産とされるドル買いが優勢になり前日比-0.342円となる81.156円まで小幅に値を戻し取引を終えました。

ユーロ円は、フランス大統領選挙において現職のサルコジ大統領の苦戦を受けて、ユーロ売りが先行し107.15円付近まで下落しました。欧州市場に入ると、ユーロ圏サービス部門購買担当者景気指数(PMI)が47.9と市場予想の49.3を下回ると、売りが一段と強まり106.35円付近まで軟化。NY市場では、スペイン債への売りが強まったことを背景にリスク回避的な動きが散見されたものの、NYクローズ間際にNYダウが下げ渋ったことをきっかけにユーロに買い戻しが入り106.785円(前日比:-0.976円)まで持ち直し取引を終えました。

≪2012年4月23日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り18% 買い82%
ユーロ・円  :「ベア」売り46% 買い54%
ユーロ・ドル :「ベア」売り59% 買い41%
英ポンド・円 :「ブル」売り44% 買い56%
豪ドル・円  :「ブル」売り16% 買い84%
NZドル・円  :「ブル」売り23% 買い77%

【今日の主な経済指標】
15:00 CHF 貿易収支 3月
15:45 FRF 消費者信頼感指数 4月
18:00 EUR 製造業新規受注[前月比] 2月
18:00 EUR 製造業新規受注[前年同月比] 2月
21:30 CAD 小売売上高[前月比] 2月
21:30 CAD 小売売上高(除自動車)[前月比] 2月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数 2月
22:00 USD ケース・シラー米住宅価格指数[前年同月比] 2月
23:00 USD 消費者信頼感指数(コンファレンス・ボード) 4月
23:00 USD 住宅価格指数[前月比] 2月
23:00 USD リッチモンド連銀製造業指数 4月
23:00 USD 新築住宅販売件数[年率換算件数] 3月
23:00 USD 新築住宅販売件数[前月比] 3月


今日のトレードポイント


フランスの政治情勢に対する先行き不透明感やスペイン債への売りを背景に欧州の信用不安が広がりをみせています。また、リスク資産から安全資産のドルや円が買われるなど資金シフトがおこっており、流れが継続するか注目したいです。本日の米経済指標では、複数の住宅関連指標が予定されているが、先週の米住宅指標の悪化を背景に市場予想を下回るのではとの見方もあり過度な期待は禁物になりそうです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 80.50-82.50  ユーロ・円 105.00-108.00  ポンド・円 128.50-132.00



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」