2012/4/23 トレイダーズ証券「みんなのFX」

金曜日のドル円は五・十日要因によるドル買いが優勢となり上昇基調で始まりましたが、前日発表された米経済指標が低調だったこともあり、頭は重くじりじりと値を崩しました。欧州時間では独・英経済指標が予想を上回る結果となったことで、ユーロ円・ポンド円が上昇したためドル円は連れ高となり81.778円まで値を伸ばしました。その後、月末を控えた国内輸出企業の売りや、対ユーロでのドル売りが強まり反落、終値は81.498円と、安値引けとなりました。

ユーロ円は、スペイン債入札通過後、堅調な動きを見せていましたが、G20財務相・中央銀行総裁会議が欧州支援のための融資基盤強化をテーマに開催されていることから欧州時間までは小動きとなりました。欧州時間に入ってからは独IFO企業景況感指数の予想を上回る結果が好感されて上昇(予想:109.5、結果:109.9)、G20で国際通貨基金(IMF)への追加拠出について、4000億ドル超で承認と表明されたことが上昇に弾みをつけ前日高値を上抜けました。米国時間も高値圏を維持し結果的には4連騰となり107.761円で週末クローズとなりました。

≪2012年4月20日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り25% 買い75%
ユーロ・円  :「ベア」売り54% 買い46%
ユーロ・ドル :「ベア」売り79% 買い21%
英ポンド・円 :「ブル」売り47% 買い53%
豪ドル・円  :「ブル」売り23% 買い77%
NZドル・円  :「ブル」売り26% 買い74%


【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 四半期卸売物価指数(PPI)[前期比] 1-3月期
10:30 AUD 四半期卸売物価指数(PPI)[前年同期比] 1-3月期
14:00 JPY 景気一致指数(CI)・改定値 2月
14:00 JPY 景気先行指数(CI)・改定値 2月
15:45 FRF 企業景況感指数 4月
17:00 EUR 製造業購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
17:00 EUR サービス部門購買担当者景気指数(PMI、速報値) 4月
21:30 CAD 卸売売上高[前月比] 2月


今日のトレードポイント


堅調な結果となったスペイン債入札、日銀追加金融緩和期待等から円売り優勢の展開となり、対円通貨における先週の週足は軒並み陽線となりました。流れは上向きですが、今週は米住宅指標をはじめ、FOMC等の注目材料を控えているため、週初めは積極的には動きにくい状態となりそうです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 80.90-82.50  ユーロ・円 106.50-108.40  ポンド・円 130.00-132.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」