2012/4/20 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、東京時間序盤に発表された日本の貿易収支が予想よりも赤字額が小さかったため円買いとなり81.169円まで下落しましたが、季節調整値では赤字が拡大している事が材料視され、すぐさま反発しました。その後はスペイン10年国債の入札が堅調な結果となった事や、日銀の追加緩和期待による円売りが優勢となり81.729円まで値を伸ばしました。その後、米国時間に発表された新規失業保険申請件数・中古住宅販売件数が予想を下回ったことから一時的に値を崩す場面もありましたが、円売りの流れを変えるには至らず、81.615円で取引を終えました。

ユーロ円はラガルドIMF専務理事が各国の資金拠出額が合計約3200億ドルに達することを明らかにすると買いが強まり、更にスペインの10年債入札の応札倍率が2.4倍と堅調な結果となったことで上昇に弾みがつき107.348円まで値を伸ばしました。その後は材料出尽くし感からユーロ売りが強まったことや、仏格下げの噂によって106.508円まで下落しましたが、ポジション調整のユーロ買い戻しや、円売りが後押しとなり反発、107.222円まで値を戻して取引を終えました。

≪2012年4月19日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り26% 買い74%
ユーロ・円  :「ベア」売り52% 買い48%
ユーロ・ドル :「ベア」売り59% 買い41%
英ポンド・円 :「ベア」売り51% 買い49%
豪ドル・円  :「ブル」売り19% 買い81%
NZドル・円  :「ブル」売り27% 買い73%


【今日の主な経済指標】
10:30 AUD 四半期輸出物価指数[前期比] 1-3月期
10:30 AUD 四半期輸入物価指数 [前期比] 1-3月期
15:00 DEM 生産者物価指数(PPI)[前月比] 3月
17:00 DEM IFO企業景況感指数 4月
17:30 GBP 小売売上高指数[前月比] 3月
21:30 CAD 景気先行指数[前月比] 3月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前月比] 3月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPI)[前年同月比] 3月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前月比] 3月
21:30 CAD 消費者物価指数(CPIコア)[前年同月比] 3月


今日のトレードポイント


日銀の金融緩和期待から円の地合いが弱いため、対円通貨は軒並み連騰しています。また、今週実施されたスペイン債入札が堅調な結果となったことで欧州債務不安が弱まっていることから、引き続き上値を試す展開となるかもしれません。ただし、欧州時間には独IFO企業景況感指数、独生産者物価指数といった指標発表も控えているため注意は必要です。



[今日の予想レンジ]
ドル・円 81.00-82.50  ユーロ・円 106.10-108.40  ポンド・円 130.00-132.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」