2012/4/19 トレイダーズ証券「みんなのFX」

昨日のドル円は、欧州債務問題への懸念後退を背景としたリスク選好の円売りによって上昇、東京時間には81.429円まで上昇しました。その後、ロンドン時間に入って公表されたMPC要旨で追加緩和観測が後退し、ポンド円が急騰したことに連れてドル円も値を伸ばし81.562円をマークしました。ただ、その後はスペイン利回りの低下が一服している事や、欧州株式が軒並み下落していることから、次第に値を削る展開となり81.261円まで下落して取引を終えました。

ユーロ円は東京時間ではリスク選好の円売りによって値を伸ばし106.893円まで上昇しましたが、その後は上下に値が振れる荒い展開となりました。欧州時間ではMPC要旨公表を受けて対ポンドで大きく売り込まれた他、欧州株式の下落を受けて、一時106.116円まで値を崩しました。安値をマークした後は対ドルでのテクニカル要因による買いや、リパトリに絡んだ買いに支えられて反発、106.614円で取引を終えました。

≪2012年4月18日クローズ時点≫
ドル・円   :「ブル」売り24% 買い76%
ユーロ・円  :「スクエア」売り50% 買い50%
ユーロ・ドル :「ベア」売り63% 買い37%
英ポンド・円 :「ブル」売り47% 買い53%
豪ドル・円  :「ブル」売り19% 買い81%
NZドル・円  :「ブル」売り28% 買い72%


【今日の主な経済指標】
07:45 NZD 四半期消費者物価(CPI)[前期比] 1-3月期
08:50 JPY 貿易統計(通関ベース) 3月
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対内株式) 前週分
08:50 JPY 対外対内証券売買契約等の状況(対外中長期債) 前週分
21:30 USD 新規失業保険申請件数 前週分
23:00 USD フィラデルフィア連銀製造業景気指数 4月
23:00 USD 中古住宅販売件数[年率換算件数] 3月
23:00 USD 中古住宅販売件数[前月比] 3月
23:00 USD 景気先行指標総合指数[前月比] 3月
23:00 EUR 消費者信頼感(速報値) 4月


今日のトレードポイント


本日は米国時間に複数の指標発表を予定しているため注意が必要です。先週発表された新規失業保険申請件数は予想よりも大幅に悪化し、今週の市場予想もほぼ同水準の件数が予想されています。また、23:00には複数の指標が同時に発表されるため、それぞれの指標結果ではなく、総じて上下どちらにマーケットが反応するかを見極めた上で判断する必要がありそうです。


[今日の予想レンジ]
ドル・円 80.50-81.90  ユーロ・円 105.60-107.50  ポンド・円 129.00-131.50



★新サービスバイナリーオプション
「みんなのバイナリー」http://min-fx.jp/bo/はこちら★




---------------
【ご注意】
※当サービスは投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としたもので、投資勧誘を目的としたものではございません。
※投資に関する最終判断は、お客様ご自身の判断でなさるようお願い致します。
※当社は掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性、完全性を保証するものではございません。
※当サービスに基づいて被ったいかなる損害についても、弊社及び情報提供元、関連会社は一切の責任を負いかねます。
※いかなる目的を問わず本情報の複製、転送及び販売を固く禁じます。
---------------
トレイダーズ証券「みんなのFX」