"天底"を見極め、手堅く利益を積む戦略で、

2万円が1か月半で40倍ナリ!



「2万円をBOでどこまで増やせるか、挑戦なんです」

ソウルさんがこのチャレンジを始めたのが7月。きっかけは東日本大震災だった。

「日経225オプションをやっていたのですが、3月の震災で想定以上の損失を食らってしまったんです。資金もなくなったし、少額で始められ、損失を限定できるものはないかと探して見つけたのがBOだったんです」

それから2か月、2万円はなんと85万円にまでに。ここまで成功した、その手法とは。

「私はIGマーケッツ証券のバイナリー外国為替のラダータイプのドル円をトレードしています。これは4時間おき、1日5回判定時刻があり、そのときのレートがいくら以上かを予想するもの。5分足チャートにボリンジャーバンドとMACD、目安として5、25、50の3本の移動平均線も表示させ、相場の『天底』をみるんです」

IGのラダータイプは、設定時間にあるレート以上になると予測したなら「買い」、未満になると予測したら「売り」取引をするというもの。例えば、「今日の夕方に1ドル77・10円はいくだろう」と思えば、「USD/JPY(16時)7710以上に上昇」のオプションを「買い」。「いかない」と思えば「売り」といった具合だ。オプション価格は取引終了時刻まで0と100の間を変動し、オプションの条件が成立する可能性が低いほど安く、成立する可能性が高いほど高くなる。

ソウル氏の基本戦略は、「天井を確認して、天井より少し上のレートのBOを売り」「大底を確認して、大底より少し下のレートのBOを買う」というもの。

「ローソク足がボリンを上抜けて上ヒゲがついてボリンのなかへ戻ってきた、しかもMACDがデッドクロスしているといったようなときは『これが天井でしばらく下か』と判断。天井を作った高値よりも少し上の条件のオプションを売るんです。ローソク足が下抜けしたときは、『ここが底で、これから上がっていくだろうな』と、底を作った値段より少し下のオプションを買う。つまり、『安いものを売って、高いものを買う』という方法なんです」

1回の取引での利幅は小さい。が、その勝率は驚異の93・8%!

「ただ、コツコツと稼いでもドカンとやられてしまう可能性がある。損切りをどこで行うかが今の課題ですね。含み損を耐えている間に反転、うまくいってくれることも多いので、悩みどころです」

2万円からの挑戦、どこまで増えるのか、注目せざるを得ない!



ソウルさん・投資歴10年・BO歴2か月

3年前、個人株で大きな損失を出し、その際、徹底的にチャートや指標の読み方などを研究。BO取引にもそのときの知識が活かされている。
http://ameblo.jp/kaminaga88/